ユーグレナ・ミドリムシの効果口コミ

ユーグレナでダイエット【脂肪編】ユーグレナで体脂肪を減らす方法

ダイエットしなければならないということは、「体脂肪を減らすにはどうすればいいか」ということを言います。
大人は極端なダイエットをして体調を崩すようなことはできません。
また食事もほどほどに楽しみながらダイエットしたいものです。
「仕事にも私生活にも影響がなく、食事を楽しみつつ、無理のないダイエット」をするために、ユーグレナのダイエット効果が役立ちます。
なぜならユーグレナはダイエットの超優秀な補助をするからです。

 

ユーグレナの体脂肪を減らすダイエット効果とは

ユーグレナの脂肪を減らすダイエット効果は、脂肪燃焼ホルモンであるアディポネクチンの分泌を促すことにあります。
これは主にβグルカン(パラミロン)と呼ばれる水溶性食物繊維の一種の働きによるものです。
またユーグレナに含まれるビタミンB2やビオチンによる脂質代謝の促進効果、そしてマグネシウムによる中性脂肪を減らす効果など複数の成分の相乗的な効果によりダイエット効果が促されるのです。

 

言ってみれば「ユーグレナを食べることでダイエット効果が上がる」ということですが、ここでは絶対痩せたいと思っている大人のあなたに、エステサロンオーナーの私がかなり現実的なダイエット法をお伝えします。

 

「こうやって意識してユーグレナを食べるといい」といったことや、または「ユーグレナを活用しながらちょっとしたケアでダイエット効率が上がるコツ」を、エッジを聞かせて解説して行きます。

 

 

ユーグレナに含まれるβグルカン(パラミロン)のダイエット効果

さっそくユーグレナに含まれるβグルカン(パラミロン)のダイエット効果の実力について解説します。

 

βグルカンはいったいどのように脂肪に影響を与えるのでしょうか。
以下は、ラットによるβグルカンの中性脂肪についての実験結果です。
高脂肪食だけを食べたラットは一番中性脂肪が増えましたが、おなじ高脂肪食とβグルカンを摂取したラットについては、普通食のラットよりも中性脂肪が減っているのです。

 

【Nature medicine2001.7 Yamauchi T一部改編】

 

それ素敵(笑)
高脂肪の食事でもβグルカンを摂取していれば中性脂肪が減るんですね。

 

βグルカンは脂肪燃焼効果があるアディポネクチンというホルモンの分泌を促します。
脂肪が燃焼することにより、中性脂肪の量は減って行きます。
また肥満が進行するほどインスリンの効きが悪くなって(ブドウ糖がうまく代謝できない)中性脂肪の元になりますが、βグルカンによってアディポネクチンの働きを活性化させることで、インスリンの効きについても改善されるのです。

 

 

アディポネクチンの脂肪燃焼効果の作用機序
【出典:nature madecine2002】

 

 

ユーグレナに含まれるβグルカン(パラミロン)は「脂肪の燃焼」と「糖代謝」というダイエットしたい人(肥満傾向)が必要とする効能効果を持ち合わせているのです。

 

ユーグレナのβグルカンによるダイエット効果についてはっきりしたところで、大人のあなたのダイエットを確実にするために、以下ではユーグレナのダイエット効果を有効活用する方法として、ボディパーツ別ダイエットについて解説します。

 

 

【ユーグレナのダイエット効果を有効活用】ボディパーツ別ダイエット

 

誰しも部分的に脂肪が付きやすい場所ってありますよね。
体の一部分に脂肪が付きやすい理由が分かれば、ダイエットの障害になっていたことも分かるようになります。
するとユーグレナのダイエット効果は格段に引き上がるでしょう。
エステサロンで多くのお客様を施術しているからこそ言える、ボディパーツごとのダイエットについて以下の通り解説します。
脂肪が付きやすい部分のちょっとしたケアについても簡単に触れていますのでお見逃しなく。

 

・お腹周り(ウエスト・下腹部・内臓脂肪)ダイエット
・下半身ダイエット(主に腰周りとお尻のダイエット
・太もも・ふくらはぎダイエット(脚やせ・足痩せ)
・二の腕ダイエット

 

お腹周り(ウエスト・下腹部・内臓脂肪)のダイエット

お腹周りの脂肪の問題は内臓脂肪です。
お腹周りの脂肪を解消するためには、腸内環境と血液にヒントがあります。

 

血液は腸内でつくられて全身の血液として活用されます。
生活習慣の乱れなどを原因に腸内環境が悪化すると、この影響を受けて血液がドロドロに。
ドロドロになった血液は腸内の血液循環も悪化させ、脂肪がたまりやすくなって内臓脂肪が形成されます。

 

お腹周りの脂肪を落とす(ウエストダイエット・下腹部ダイエット・お腹ダイエット・内臓脂肪を落とす)ためには、腸内環境の改善を並行して行うとダイエット効果が上がります。

 

お腹の脂肪を落とすための腸内環境の改善はそんなに難しいことではありません。

 

ユーグレナに含まれる特徴的な成分であるパラミロンには、βグルカンと呼ばれる水溶性食物繊維が含まれています。
腸内細菌は水溶性食物繊維βグルカンをエサにすることで乳酸や酢酸をつくり出し、善玉菌が住みやすい環境を整えます(※1)。
つまりユーグレナのパラミロンで腸内細菌の善玉菌を増やす&内臓の血液をさらさらにすると、内臓脂肪を減らす効果が期待できるのです。

 

脂肪を燃焼させる有酸素運動などをしてもなかなか内臓脂肪が落ちないのは、ドロドロになった血液を運動だけでさらさらにすることに限界があると考えられるでしょう。
またユーグレナに含まれるβグルカンには「脂肪を燃焼させるホルモンを分泌させることによるダイエット効果」もあり、内臓脂肪のダイエットが促されるのです。

 

※1水溶性食物繊維と腸内環境
日本消化吸収学会 福島道広他 機能性糖質の研究の動向について機能性糖質のプレバイオティクス効果

 

背中のダイエット

背中のぜい肉がぶ厚くなるのは中年世代です。
背中に脂肪が付く原因は、「カロリー過多が原因の肥満」、「背中から肩にかけての凝り(老廃物の蓄積)や血行不足」が考えられます。
ユーグレナには以下のとおり背中の脂肪を改善するための効果があります。

 

○脂肪燃焼効果
ユーグレナに含まれるパラミロンのβグルカンが、アディポネクチン(脂肪を燃焼させるダイエット効果のあるホルモン)の分泌を促す。
○老廃物を排出する効果
ユーグレナに含まれる水溶性食物繊維パラミロンのβグルカンが繊維の中に老廃物を取りこんで老廃物の排出を促す。
○血行を改善する効果
ユーグレナに含まれるGABAによって血圧降下、局所血流の改善が起こることで背中の脂肪を落とす効果が期待できる。(※2)

 

「背中の脂肪のせいでゴルフのスイングが昔よりうまくできなくなった!」なんていう方は多いかもしれません。
ユーグレナで脂肪を落とすだけでなく健康的になると、清々しい気持ちでゴルフができそうです

 

下半身ダイエット① 腰周りとお尻のダイエット

内臓脂肪と違って皮下脂肪として脂肪がたまりやすいのが腰周りやお尻です。
特に皮下脂肪が付きやすいのは女性ですが、下半身に脂肪が付きやすい「洋ナシ体型」にため息をつく方は多くいます。
腰周りやお尻に皮下脂肪が付きやすい理由は、「骨盤のゆがみによる骨盤内の血流不足」、「エネルギー過多による中性脂肪の蓄積」が挙げられます。
以下が、ユーグレナの腰周りとお尻のダイエットに有用な効果です。

 

○骨盤のゆがみによる血流も改善する効果があるGABA
足を組んで座るなど姿勢の悪さによって骨盤が開くと開いた骨と合わせて肉も移動し、脂肪も付きやすくなります。また骨盤がゆがむことが骨盤内の血流の悪さを誘発し、血行不良になった場所に脂肪が蓄積しやすくなります。ユーグレナには血行を促進するGABAが含まれており、骨盤内の血行不良を改善する効果が期待できます。

 

○ダイエット効果のあるホルモン アディポネクチンが脂肪燃焼を促す
脂肪の原因は「食べ物から摂ったエネルギーが、体のエネルギーとして使われずに残った場合に脂肪として蓄積する」ことによるものでした。ユーグレナに含まれるβグルカンはアディポネクチン(ダイエット効果のあるホルモン)の分泌を促すことで脂肪燃焼効果を発揮します。

 

一日中デスクワークするお仕事の場合は、帰宅したら脚の付け根とお尻の境目辺りを動かすストレッチなどをして筋肉をほどよく動かし血流を改善することを心がけたいですね。

 

下半身ダイエット②脚やせ(足痩せ) (太もも・ふくらはぎダイエット)

脂肪が付きやすい太ももは多くの女性のお悩みの原因です。ふくらはぎについてはむくみを気にする人が多いでしょうか。
上半身に比べて下半身が肉付きがよく、脚やせ(足痩せ)ダイエットできない理由には「血行不良」、そして「老廃物の蓄積」が挙げられます。
ユーグレナには脚やせ(足痩せ)ダイエットに有用な作用がありますので、以下にその理由を挙げます。

 

○脚の血流を改善して脚やせを促すGABA
長時間の立ち姿勢やデスクワークなどによって、つま先から心臓に上がってくる血液は重力に負けて末端に停滞します。そして血液と共に体液も回収されにくくなり、停滞する体液循環と共に脚に脂肪が付きやすくなります。
ユーグレナには血流を促すGABAが含まれており、下半身の血行不足にも効果を発揮します(※2)。
自力で心臓に上がってくることが難しくなった血液を、ユーグレナに含まれるGABAに後押ししてもらうことで改善できる期待ができるのです。

 

※2東京大学 薬学研究科竹本裕美 無麻酔・無拘束ラットの循環系に対するアミノ酸の中枢作用
http://hdl.handle.net/2261/50898

 

○老廃物の排出を促す(デトックス効果)
脚の血流が滞ると、下半身に老廃物がたまりやすくなります。
これは血液から老廃物を受け渡されるリンパに老廃物がたまって詰まりやすくなるからです。
ユーグレナに含まれる水溶性食物繊維のβグルカン(パラミロン)は、繊維の中に老廃物を取りこむことで下半身にたまりがちな老廃物の排出に役立ちます。またユーグレナに含まれるカリウムが利尿効果をもたらすために、体内の老廃物排出に有用です。カリウムは体内の水分バランスを正常に保つ働きを持っており、太ももやふくらはぎにかけてのむくみに効果を発揮します。

 

このようにして血流の改善と老廃物の排出の効果を併せ持つユーグレナを活用することで、下半身ダイエットの効率が上がっていくのです。
脂肪の蓄積については下半身ダイエット①ダイエット効果のあるホルモン アディポネクチンが脂肪燃焼を促す効果をご参考下さい。

 

下半身ダイエットに関しては、ユーグレナで老廃物の排出や血流の改善をおこなうことと並行して、必ず裸になる入浴時に脚のマッサージを行うとよりダイエット効果が上がるでしょう。
あまり力を入れることなく、手のひら全体を脚に密着させて末端からふとももにかけて手を動かすだけでOKです。すると脚にたまっていた老廃物の排出が促され、停滞していた血流も改善され、ふくらはぎと太ももダイエットの効果が断然上がります。

 

二の腕ダイエット

二の腕 ダイエット  二の腕 痩せ
体全体に対して二の腕の肉付きがよくなるのは、以下の理由によるものです。
腕の付け根の詰まりや肩や背中の凝りが原因となり、手の末端の血液が腕の付け根より先に進みづらくなります。
こうして押し戻された血液は二の腕付近で停滞し、脂肪がそこにたまりやすくなるのです。

 

二の腕痩せについても、ユーグレナの効果によって後押ししてもらうことで成功しやすくなります。
以下は二の腕痩せに有用なユーグレナの効果についてです。

 

○アディポネクチンが脂肪燃焼を促す
二の腕にたまった脂肪を燃焼しやすくすることが大切です。
これについては半身ダイエット①ダイエット効果のあるホルモン アディポネクチンの脂肪燃焼を促す効果をご参考下さい。

 

○脂質代謝を促すビタミンB₂
ユーグレナに含まれているビタミンB₂は二の腕の脂質が燃焼して代謝されるのを促します。
ビタミンB₂は既についてしまった二の腕の脂肪を落とすことに有用な成分です。
またユーグレナに含まれている鉄は摂取した栄養素を燃焼させることに役立ちます。
鉄は二の腕に脂肪が付きにくくするための予防として有用な成分です。

 

○血流を促して腕の付け根の詰まりを解消するGABA
血行を良くすることで腕の付け根の詰まりを改選することについては、背中ダイエットの項目で触れているGABAをご参考下さい。

 

腕の付け根の血流や肩凝りの原因には、下着の締め付けで腕の付け根の血流が低下していることが多いのです。
「胸を寄せて上げる」ことがお望みであることもわからなくもないですが、二の腕に脂肪が付いて後悔するようでは後の祭りです。
くれぐれも下着の締め付けは二の腕痩せには良くないと意識して適度な下着を選ぶようにしたいものです。

 

 

【脂肪燃焼スープ×ユーグレナ】でダイエット効果をUPさせる

ダイエット法が溢れているいまどき、ひときわ人気のダイエットが脂肪燃焼スープダイエット。
脂肪燃焼スープは「野菜によって脂肪燃焼と老廃物の排出を促すことを目的にしたダイエット法の1つ」です。
脂肪燃焼スープダイエットは、野菜スープダイエットまたはデトックススープダイエットとも呼ばれたりしています。
脂肪燃焼スープというダイエット法で「1週間で3㎏は痩せられる」と効果の口コミする人が多く(個人差あり)、同じダイエット法で誰がやっても比較的成功しやすいという再現性の高さが人気なのだと思われます。
つまり「絶対痩せるダイエット」と言えそうなダイエットということです。

 

ここで筆者からの提案は
「有効な脂肪燃焼スープがあるんだったら、それにユーグレナを加えて調理してしまえばダイエット効率が上がりますよ」というものです。

 

ユーグレナを活用した脂肪燃焼スープは、お好みの野菜を適量加えてブイヨンで煮込み、仕上げにユーグレナを加えるだけの簡単レシピです。
中でもダイエット効果が高いと言われる脂肪燃焼スープダイエットのレシピを以下よりご紹介します。

 

【ユーグレナ脂肪燃焼スープレシピ】
■用意するものとダイエット効果■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※全て適量を用意
ユーグレナ(ここでは株式会社ユーグレナの緑汁サプリメント1包を使用)
キャベツ 
玉ねぎ クエルセチンが血液をさらさらにして脂肪の蓄積を防止する
セロリ 香り成分セレンが老廃物の排出に役立つ(デトックス効果)
トマト 
ニンジン ビタミンAが体を温める
マイタケ 水溶性食物繊維が老廃物や脂質を吸着して排出を促す
ブイヨン
塩 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■脂肪燃焼スープの食べ方■
・1週間野菜スープだけを食べ続ける。
・1週間で思うような結果が出なかった場合は2週間続けてみる。

・2週間以上続けてはならない
※2週間のワンクールが終わったら、1か月あとにまたワンクール行うなどしてダイエットスープを食べるなどする
・脂肪燃焼スープはまとめてつくってもいい。ユーグレナに関しては1食分を温めるときに都度加えて温めて食べるのがおすすめ。
・お腹がいっぱいになるまでたくさん食べていい。
・炭水化物をできるだけ避ける。
・野菜とブイヨンだけで味気なさを感じて続かない場合も多いようなので、肉類を加えてほどよくうま味を出すようにして食べるとよい。
・バナナ以外のフルーツを摂ってもよい。

 

 

脂肪燃焼スープとは野菜の脂肪燃焼効果と毒素排出効果を活用した短期間でも結果がでやすいダイエット食品です。
これにユーグレナを加えたらもっとダイエット効率があがるだけ。
しかもユーグレナは加熱しても栄養素が損なわれることがないので、スープだけでなくさまざまな調理に応用できるんですね。

 

筆者が脂肪燃焼スープを長年愛用して言えること

 

筆者自身スープが大好きで、脂肪燃焼スープが人気になる数十年前からの主食の位置付けでした。
ダイエットという目的よりは、野菜スープでデトックスになるし、旬の野菜をたっぷり煮込んだ温かいスープがいつ食べても飽きないからずっと主食の位置付けなんですよね。
あと数年で40代になりますが、体型は20代からほぼ変わっていません。
ユーグレナに関しても脂肪を落とすというよりはデトックスの意味合いで飲むことが多いのですが、体型を維持することに役立っているなあと感じています。

 

ダイエットは一見苦痛なことに思えますが、リバウンドしないように長く続けることが大切です。
ダイエットしている間に何も食べないというわけにはいかないですし、食事を楽しむことは人間にとってとても大切なことです。
だからユーグレナと言う高機能なサプリメントを使うことで、無理なくダイエットできるというのは有用だと思います。

 

まとめ

 

「食事を楽しみつつ、無理なくダイエットするためにユーグレナが補助の役割をしてくれる」

 

体脂肪を減らすためにユーグレナを活用することは、これに尽きると思います。