このページの先頭へ

更年期障害の治療とサプリメント

更年期障害の治療とサプリメント

 

 

更年期障害の治療を病院で受けるにはどういった方法があるのか、そして自宅でできるセルフケアに関しても解説しています。

 

塞ぎがちになる更年期に積極的に治療に取り組むことが難しい一面もありますが、「気軽に取り組めるようなセルフケア」を実践すると更年期障害の苦しさを我慢しなくても済みます。

 

自宅でできる更年期障害ケアとして有効なイソフラボンやプラセンタサプリメント、そしてエッセンシャルオイルによるボディケアもご紹介しています。

 

 

更年期

 

更年期かな?と思ったらまず更年期障害チェック

 

閉経の平均年齢は50歳、閉経にともなう症状として表れる更年期障害は45~55歳の間に起こると言います。

 

更年期には卵巣機能が低下して卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減り、卵巣のフィードバックを受けて自律神経へ指令を送る視床下部が影響を受けるので、結果自律神経にまつわる体調不良が起こりやすくなります(詳細は後述)。

 

実感としては月経周期が乱れたり、月経の経血や期間に変化があったりするなどして更年期に気付くようです。まずは以下の更年期障害チェックを試してみましょう。

 

 

更年期障害チェック

 

  1. 頭がほてる
  2. 体の末端が冷える
  3. 暑いわけでもないのに急に汗をかきやすくなった
  4. なんでこんな時に?というタイミングで動機・息切れが起きやすくなった
  5. 入眠後しばらく経ってからでないと眠れない、すぐに目が覚めてしまう
  6. 寝起きが悪く、起き上がれない
  7. 怒りっぽくなった
  8. 精神的に落ち込むことが多くなった、無気力
  9. 疲れがとれないし、すぐに疲れる
  10. 頭痛・めまい・吐き気・耳鳴りを感じることがある
  11. 腰痛、肩こりがひどくなった
  12. 生理周期に乱れが起き、量や期間にも変化がある

 

 

いかがでしたでしょうか?過半数を上回るようでしたら更年期障害のケアを検討しましょう。

 

これらの更年期障害チェックは、全て前述の自律神経にまつわる症状なのですよね。それでは自律神経とエストロゲンの関係についてもう少し詳しく解説します。

 

自律神経とエストロゲンの関係に見る更年期障害の原因

 

下のように視床下部→脳下垂体→卵巣と司令が送られた後、卵巣は「これくらいのエストロゲンの量を分泌した」といったフィードバックを視床下部に送ります。

 

3つは助け合いながら女性ホルモンのコントロールをしているんですね。

 

女性ホルモンと視床下部

 

また視床下部は体温・心拍・呼吸・睡眠・消化器・内分泌・精神など体の機能をコントロールする自律神経(交感神経と副交感神経がある)に指令を送っています。

 

更年期になると卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減り、視床下部へ送られていたエストロゲンの分泌のフィードバックも変化を余儀なくされます。

 

このため、卵巣から送られてくるフィードバックに変化が生じると、視床下部にも影響がおよび、自律神経の乱れから更年期障害が起きると言われています。

 

 

更年期障害の治療

 

更年期障害の治療@病院

 

更年期障害の辛い症状に関して、病院で治療を受けるべきか、正直なところ気分が乗らないのが女性の本音。エストロゲンの分泌が減ったからと言ってそれが「病気」とは意識しにくいので、更年期障害を我慢してやり過ごす女性が非常に多いようです。
軽い更年期障害だとしたらセルフケアで徐々に体調を整える方法もありますが、更年期障害には疾患のリスクも隠れている場合があるので、あまり我慢せずに病院で治療を受けましょう。

 

一般的に更年期障害の治療として行われるのは以下のとおり。

 

 

ホルモン補充療法の治療

 

ホルモン補充療法

 

更年期障害の治療として行われるホルモン補充療法の治療は注射またはパッチなどによる方法がああります。

 

ホルモン補充療法で更年期障害の治療をすると「乳がんのリスクが高まる」といったことがずっとささやかれていました。

 

これは海外の内服ホルモン薬剤を5年間飲み続けた事例から広まったのではないかと言われていますが、一方で厚生労働省は「日本人がホルモン補充療法で治療しても乳がんのリスクが高まるわけではない」と報告しており、いずれの是非も定かでありません。

 

 

漢方薬

 

更年期障害の治療で処方される漢方薬は以下の3つが代表的です。

  • 帰芍薬散
  • 加味逍遥散
  • 桂枝茯苓丸

 

病院が処方してくれるのは顆粒エキス剤の漢方がほとんど。

 

一方漢方薬局で処方される生薬は体質に合わせて調合してもらえる場合もありますので、それぞれにさまざまな症状が出やすい更年期障害によって合わせた治療が期待できます。

 

漢方薬局で処方してもらう生薬はお値段が高いと感じられる場合も多いのですが、更年期障害の治療としては根強い人気のようです。

 

 

抗うつ薬・抗不安薬・睡眠導入剤など

 

睡眠導入剤

 

最も課題として挙げられる更年期障害の症状に気分の落ち込みがあります。更年期障害にともなう抑うつ状態や不安が強い場合は抗不安薬やベンゾジアゼピン系の薬が処方され、不眠をともなうような場合は睡眠導入剤が治療薬として処方されるようです。

 

更年期障害に限りませんが、なんとなく気分が落ち込むといった場合ははっきりとした自覚症状がなく、アクションを起こしにくいです。また気分が落ち込んで何もする気にならないのですから、更年期障害の改善策に手を伸ばすことも難しいのが現実なのかもしれません。

 

「更年期障害で抗うつ薬や睡眠導入剤を飲むことに抵抗を感じる」といった場合は、後述のセルフケアも参考にしていただけるでしょう。

 

 

更年期障害が軽症ならセルフケアでもOK?

 

セルフケア

 

更年期障害で困っている、または本当につらい場合は迷うことなく病院で治療を受けるのをおすすめします。

 

婦人科医の多くは「一般的に更年期障害で我慢して治療しに来ない」と感じているようですので、治療したいと言って迷惑がられるなども心配する必要なし。

 

しかし、日常生活に大きな支障がないような更年期障害でセルフケアでも十分そうな場合は、以下の点をポイントにするとよいでしょう。

 

 

植物性エストロゲンによる更年期障害ケア

 

植物性エストロゲンによる更年期障害ケアの得意分野

  • 骨粗鬆症を予防するケア
  • ホットフラッシュや寝汗のケア

 

 

 

豊富な栄養価で更年期障害にまつわる諸症状をトータルケア

 

 

 

更年期障害の眠りのケア

 

 

以下ではこれらの更年期障害ケアがどのように有効なのかを解説します。

 

 

植物性エストロゲンによる更年期障害ケア

 

大豆イソフラボンやローズオイルにはエストロゲンに良く似た形をしている成分:植物性エストロゲンが含有されており、これを更年期障害ケアとして活用すると有用です。

 

植物性エストロゲンが弱い発現性を示し、ホルモンバランスケアとして有効なのです。それぞれがどのように更年期障害ケアとして有効かを解説しましょう。

 

 

大豆イソフラボン

 

大豆

 

下の図のとおり大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンの形と酷似しており、イソフラボンを摂取すると女性ホルモンバランスや更年期障害ケアとして有効です。
※イソフラボンの発現性はエストロゲンの1/100~1/1000の効果

 

イソフラボンとエストロゲン

 

病院で行うホルモン補充療法ほどシャープな効きではないですが、健康上・美容上でさまざまな効果が確認されており、更年期障害にお悩みの女性だけでなくホルモンバランスの乱れを改善したい全ての女性に支持されるセルフケアです。

 

筆者は女性疾患予防として製薬会社様のセミナー講師をご依頼いただいた経験があり、その経験からイソフラボンに関しては以下のとおりご案内できます。

 

 

 

実は大豆イソフラボンを大豆食品で摂取しても、腸内細菌のコンディションによってはイソフラボンを有効活用できない場合もあります。

 

科学的実証によると(※)イソフラボンは腸内細菌によってエクオールと呼ばれる成分に変化しないと、女性ホルモンバランスケアには有効でないと言います。

 

日本女性の場合は中高年の50%、30代は30%、20代は20%程度しかエクオールを生産できないと報告されており、「大豆加工食品を摂取したからと言って誰もが効率的に植物性ホルモンを有効活用きるわけではない」ようなのです。

 

これにより大豆イソフラボンで更年期障害のホルモンバランスケアをするのだとしたら、既にイソフラボンがエクオールに変化している形が理想的だと考えられるようになしました。

 

エクオールを摂取してどのように更年期障害ケアできるのか、被験者によるテストの結果は以下のとおり。

 

 

エクオールによる更年期障害ケア例

 

ホットフラッシュの回数の変化

ホットフラッシュ

 

骨密度

骨密度

 

首・肩の凝り

凝りへの不快感

 

糖代謝

糖代謝

 

出典:大塚製薬 エクオールの有効性と安全性

 

 

更年期障害の中核症状であるホットフラッシュ(発汗異常)、そして更年期障害で悪化する骨密度を抑制する効果がエクオールに期待できるのは嬉しいものです。
エストロゲンは女性の一生を左右しますから、これだけの実証が揃っていると安心して治療に取り組めると言えるでしょう。

 

※大塚製薬株式会社

 

エクオールは生殖器に影響が極めて少なく、骨や血管などへ効果を発揮しやすい」と報告されています。エクオールによる更年期障害のホルモンバランスケアは、乳がんや子宮ガンなどのリスクが少なく、更年期障害のケアに役立つのです。

 

 

更年期障害ケアにおすすめの大豆イソフラボンのサプリ

 

キレイ・デ・エクオール サプリメント

 

キレイ・デ・エクオール サプリメント

 

 

ゆらぎ世代に理想的なエクオールの容量10mgがサプリメント2粒で管理できる

 

  • 初月一日あたりのコスト:132円
  • 翌月からの一日あたりのコスト:166円
  • 定期購入の縛り:なし
  • 含有成分:大豆胚芽抽出発酵物、EC-12乳酸菌(1粒あたり10億個)、難消化デキストリン

 

テレビでも話題のゆらぎ対策「エクオール」1日2粒で摂取目標10mgをクリア

 

 

エクエル・大塚製薬株式会社

 

 

ラクトコッカスで発酵されたエクオールだから腸内環境との親和性が高い

 

  • 一日あたり:143円
  • 含有成分:大豆胚芽発酵物(エクオール)

 

 

ローズエッセンシャルオイルでのマッサージ

 

ローズ

 

アロマエッセンシャルオイルにもイソフラボン同様、植物性エストロゲン成分が含まれています。植物の花の部分は、種を覆って未来の命を保護する役割で、人で言う子宮に例えられます。

 

更年期障害のホルモンバランスケアに向く植物の例はローズ。バラの香りに特徴的なゲラニオールという成分が植物性エストロゲンと言われており、ローズオイルをマッサージオイルでを皮膚から塗布するとホルモンバランスケアとして有用です。

 

この場合オーガニックのマッサージオイルを使用し、100円玉硬貨くらいのオイルで腹部を一日2度マッサージしましょう。

 

アロマによる更年期障害ケアの場合は、植物性エストロゲンでケアできるだけでなく、心も癒してくれる点でイソフラボンと異なる魅力があります。

 

ローズの香りは脳内情報伝達物質エンケファリンやセロトニンを分泌することがわかっており、更年期障害特有の気分の落ち込みやストレスの軽減も可能です。

 

更年期世代の女性達は子育ても落ち着き、ずっと後回しだったご自身のケアに時間をかけられる時期ですから、極上の癒しの香りであるローズエッセンシャルオイルでこれまでのご自身を労わって差し上げるのもいいと思います。

 

具体的にはローズによる精神への鎮静効果で眠りも促され、かつイライラ・落ち込みもケアできるのです。

 

 

植物性エストロゲンによる更年期障害ケアは、辛い諸症状をトータルにケアできるといっても過言でありませんが、上では「エストロゲン様効果」を持つ治療として取りあげてみました。

 

 

更年期障害ケアにおすすめのローズマッサージオイル
オーガニック栽培によるキャリアオイルとローズで安心してマッサージケアができる

 

 

次は更年期障害をトータルでケアできるプラセンタです。

 

 

プラセンタ:更年期障害の諸症状をトータルケア

 

胎盤・プラセンタ

 

ご存知のとおりプラセンタは妊娠中につくられる臨時の臓器で、母親のおなかの中で赤ちゃんを保護・育てる役割を持った胎盤です。胎児に必要な栄養や酸素を供給する仲介を果たし未発達の胎児の内臓に変わって消化や排せつを助けます。

 

プラセンタによる更年期障害の治療は皮下注射など医療行為として行われており、安全性が確立されています。
以下プラセンタに含まれる滋養たっぷりの成分をご紹介します。

 

タンパク質 アルブミン、グロブリン
アミノ酸 ロイシン、リジン、バリンなど
脂質・脂肪酸 コレステロール
ミネラル カルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛など
ビタミン ビタミンB1・2・6・12、ビタミンC・D・Eなど
核酸 DNA、RNAなど
ムコ多糖類 ヒアルロン酸
酵素 アルカリホスファターゼ
活性ペプチド

 

これらの滋養に満ちたプラセンタの成分互いに助け合うことで以下のような薬理効果が期待できると言われています。

 

内分泌

ホルモン調整 更年期障害の治療、乳汁分泌不全、生理痛など

自律神経

自律神経調整 自律神経失調症、不眠超、うつ病

血行促進

血液循環の改善 肩凝り、腰痛、ひざ痛

基礎代謝向上

細胞、臓器の活性化  

活性酸素除去

活性酸素による酸化抑制 肌荒れ、老化

強肝・解毒

肝臓の働きを高める 肝炎、肝硬変など

抗炎症作用

炎症を鎮める 花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、関節リウマチ

 

またこれらだけでなく全身の細胞を活性化する成長因子も確認されており、更年期にさしかかる女性の体内の活性化も期待できるのです。

 

日本では医療行為としてプラセンタ注射が日常的に行われていますが、もう少し気軽に取り組める更年期障害のケアとしてはサプリメントでプラセンタを摂取する方法があります。

 

プラセンタが更年期障害ケア役立つメカニズムは、上に挙げた栄養成分が互いに助け合うところが多く、多様な成分の多様なはたらきかけで更年期障害にまつわる諸症状が改善すると期待できる点にございます。

 

 

更年期障害ケアにおすすめのプラセンタサプリ

 

美容効果が高い臍帯が含まれる稀少なサプリ

 

更年期障害ケアだけでなく、美容面でエイジングケアしたい方に向いています

 

臍帯とプラセンタは似ていますが、臍帯には「お肌の弾力の決め手となるプロテオグリカン※」が含まれており、美容上でエイジングケアとして大変有用です。

  • 1カプセル当たりのコスト:331円
  • 定期購入の縛り:なし
  • 定期購入時の特典:ポイント2倍(ポイントは購入時の割引に活用可)

※プロテオグリカンはお肌のハリとなるコラーゲンの網目をつなぎとめる杭のような役割

 

 

獣医が常住管理する国産のサラブレットのプラセンタ

 

獣医による健康と衛生管理によるサラブレッドプラセンタ

 

雑種の馬のプラセンタをバケツで保存するのと、獣医による健康・衛生管理の元育ったサラブレットのプラセンタを摂取するのとでは、摂取するうえでの安心がかなり異なってきます。

 

ここでおすすめするのはプラセンタ療法の第一人者である古田健太郎医師も活用している高品質なサラブレットのプラセンタサプリ。

  • 1カプセル当たりのコスト:234円
  • 定期購入の縛り:なし
  • 定期購入時の特典:ポイント2倍(ポイントは購入時の割引に活用可)

 

 

 

 

高麗人参(朝鮮人参・オタネニンジン):更年期障害の諸症状をトータルケア

 

高麗人参・ジンセノシド

 

高麗人参を知らない人はいないですね。古くから用いられてきた薬効高い万能薬(学名のpanaxは万能を意味する)で、新陳代謝機能の低下や老化防止に効果を持ちます。

 

下の表のとおり高麗人参もさまざまな成分を含んでおり、多様な成分同士が相乗的に作用しあい更年期障害のケアに役立つと考えられています。

 

高麗人参に含まれる成分

 

サポニン 麗人参特有のジンセノシド
ビタミン C、B(パンテトン酸、ナイアシン)
ミネラル 鉄分、カリウム、マグネシウム
必須アミノ酸 バリン、グリシン、アルギニンなど
ペプチドグリカン

-

精油成分 リモネン、テルピネオール

 

高麗人参に期待できる効果

 

自律神経調整 更年期障害で起こる自律神経失調症状の改善、ホメオスタシスの調整
循環器への効果 高脂血症抑制、血糖調整、新陳代謝促進
抗酸化効果 老化防止
抗ストレス作用 抗ストレスイライラの抑制、やる気を起こさせる)
疲労緩和 消耗した気力・体力の向上

 

このうち特に取り上げたい成分がサポニン。高麗人参は「ストレスに対する適応力を増強させる・非特異的な生体防御強化効果※」を持っていると言われます。

 

更年期の女性の体内で新陳代謝が促されると古く不要になった細胞は細胞死を起こすようになり、この残骸を含め、病理的な組織をマクロファージが貪食、
高麗人参に含まれるサポニンは「無選択な食作用を起こす好中球とマクロファージ」を強化、結果病気に強い体に変わる期待が持てるのです。

※非特異的防御機能には好中球とマクロファージが登場、好中球はウイルスなどの外敵を見つけたらそこへ目掛けて移動、貪食し、残骸を膿にして処理します。

 

また高麗人参の効果に特徴的な自律神経の調整に関しては神経を高めて穏やかな興奮作用をもたらし、気分の調整をする点にあります。自律神経の調整が行われるのでホットフラッシュをはじめ更年期障害の症状が緩和されてゆくのですね。

 

更年期障害ケアにおすすめの高麗人参のサプリメント

 

佐藤製薬・高麗美人

 

安心の製薬会社による高麗人参サプリメントで更年期障害ケアができる

 

  • 初月1日あたりのコスト:66円
  • 定期コースにて翌月からのコスト:144円
  • 定期購入の縛り:なし
  • 含有成分:高麗人参、ポリフェノール、ショウガ、ビタミンB群、葉酸、酵母、クエン酸など

 

 

 

高麗人参を服用するのを避けた方がいい人

 

高麗人参は軽い興奮作用があるために、高血圧の人は避けた方がいいと言われています。

 

血圧が高めの場合は高麗人参ではなく、血圧など循環器系に影響を与えないアメリカ人参を服用して更年期障害ケアするとよいでしょう。

 

血圧が高めで更年期障害ケアしたい人におすすめのアメリカ人参サプリ

 

 

 

 

マカ:更年期障害の諸症状をトータルケア

 

マカはカブのような植物で、滋養に満ちた薬効から家畜の繁殖に多用されてきましたが、現在は更年期障害の症状緩和、中高年の気力・体力の衰えに活用されるケースが多くなっています。

 

以下マカに含まれる栄養素の一部をご紹介します。

 

  • ベンジルイソチオシアネート
  • アルカロイド
  • リノール酸
  • アミノ酸
  • ビタミンB、C、ナイアシンなど
  • ミネラル:鉄、カルシウム、亜鉛など
  • 多価不飽和脂肪酸:マカエン、マカミド

 

マカの生殖能力向上・更年期障害を緩和するメカニズムに関してはごく最近ようやく解明されてきており、多価不飽和脂肪酸であるマカエン・マカミドがその作用に関与していると言われています。

 

ホルモンに関与して生殖能力を向上させるとされているので、更年期に低下するエストロゲンの緩和なホルモンバランスケアとして考えられるでしょう。

 

一日の摂取量の目安は3gまでとされていますが、具体的な更年期障害のケアとしてはサプリメントメーカーの記載のとおり服用するようにしましょう。

 

マカが含有されたおすすめのサプリメント

 

 

更年期障害ケアにおすすめのマカ+イソフラボン含有のサプリメント

 

女性特有のお悩みに17年向き合うヤマノが開発

 

マカたけでなく、女性ホルモンバランスを急激に変えず穏やかにホルモンバランスコントロールをするアグリコン型イソフラボンを配合

 

  • 初月1日あたりのコスト:100円
  • 定期コースにて翌月からのコスト:135円
  • 定期購入の縛り:なし
  • 含有成分:マカ、大豆抽出物、亜鉛およびセレン含有酵母、カルシウムなど

 

 

ローヤルゼリー:更年期障害の諸症状をトータルケア

 

プロポリス

 

ローヤルゼリーは若い働き蜂が分泌する乳白色の脂質化合物です。女王蜂の唯一の食糧源であり、女王蜂が働き蜂と比べて体が3倍大きく40倍長生きできる理由はこの特別な食べ物のおかげだと言われています。

 

一日1500個の産卵ができる女王蜂は勢力能力に富み、女王蜂の特別な食べ物は女性のエストロゲンケアにも有用なのですね。

 

下記のとおりローヤルゼリーには豊富な栄養素が含まれており、この栄養素が相互に作用しあうことで更年期障害ケアに役立ちます。

 

ローヤルゼリーの成分

出典:山田養蜂

 

豊富な栄養素のうち、更年期障害のケアとして注目したい成分とその有効性を2つご紹介しましょう。

 

ロイヤラクチン…たんぱく質の一種

 

蜂の幼虫を女王蜂へと変化させる特殊なたんぱく質※
一日1500個の産卵が可能な女王蜂の生殖能力に関わるとされる重要なたんぱく質。
女性がロイヤラクチンを摂取すると、生殖能力に活力が向上すると期待できます。

 

※富山県立大学鎌倉昌樹氏が、ロイヤラクチンが幼虫から女王蜂へと変化させるプロセスを促すとしてNature誌に報告している。

 

 

テゼン酸…脂肪酸の一種

  • エストロゲン様作用
  • 脂肪の沈着を抑制するなど生活習慣病の予防に

 

 

ここでは良質なローヤルゼリーのサプリを2つご紹介します。

 

更年期障害ケアにおすすめのローヤルゼリーのサプリメント

 

1粒で1140mgのローヤルゼリーが摂取可能なサプリ

 

  • 初月1日あたりのコスト:132円
  • 定期購入の縛り:なし
  • 含有成分:ローヤルゼリー

 

 

 

 

 

眠りと更年期障害

 

更年期障害では眠りが妨げられるケースも多くなると思います。

 

夜に眠れなくなって日中に眠くなる場合は、無理して夜に眠る必要はありません。眠りたい時に眠って自己肯定感を高めるようにするほうがよほど精神衛生上よいでしょう。※夜に眠らなければならないわけでもないです

 

「更年期障害で睡眠導入剤をもらってまで眠るのはちょっと…」といった場合は眠りのケアとして有効なハーブを利用するのも良いでしょう。

 

以下は眠りをケアするハーブを凝縮したサプリメントで、世界中の女性が更年期障害のケアとして活用してきた実績があります。

 

  • バレリアン
  • ホップ
  • カモミール
  • パッションフラワー

 

更年期障害における睡眠ケアにおすすめのサプリメント

 

 

 

まとめ:更年期障害の治療はエストロゲン様効果とトータルケアアイテムを上手に活用

 

以上更年期障害の治療として「病院で行われる診療の内容」と、「自宅でもできるセルフケアアイテム」を解説しました。

 

病気とは意識しにくい更年期障害ですが、治療を放っておくと辛いだけ。一歩も外に出たくない…と気分がふさぎ込んだ時は、ほんのちょっとしたケアから、できる事からはじめてみましょう。

 

サプリメントはその意味で更年期障害ケアの最初の1歩を応援してくれるアイテムになると思います。

 

子育てが落ち着き、これから自分の時間を楽しめる更年期世代は積み重なった経験値からさまざまな取り組みが行えますから楽しさも増えるはずです。辛いと考えられがちな更年期を幸年期として過ごせるよう、小さなことから更年期障害ケアを行いましょう。