このページの先頭へ

息苦しいマスクにサヨナラ。医療・接客業向けの透明マスク

息苦しいマスクにサヨナラ。医療・接客業向けの透明マスク

 

マスクが顏にぴったりとくっついて息苦しいことはありませんか?
ここでは接客業や医療従事者の方がマスクを付けても息苦しくない透明マスクについて解説しています。
透明マスクは顧客や患者さんに唾や息素吹きかけずに済み、また表情が見えることでコミュニケーションも円滑にしてくれるメリットがあります。
透明マスクのデメリット「感染症予防できない」穴を埋めるために、話題の「食べるマスク」の対策もご紹介しています。

 

 

透明マスクって何?

 

透明マスクは、マスク部分がPET素材などでできた透明無色の接客業務用。
透明マスクは以下のとおり衛生面・コミュニケーション・作業効率・コスト、そして息苦しさが解消されるメリットがあります。

 

接客・医療用としての透明マスクのメリット

 

【作業効率】

  • 防曇加工されており、視界の邪魔にならない

     

  • 人体工学的に優れ、ずっと付けていても疲れない

     

  • サイズの調整が効くので、違和感なし

     

  • フィルムの厚さがわずか0.02㎜で、軽い

     

 

【コスト面】

  • ティッシュでふき取るだけの簡単なメンテナンス、繰り返し使えて経済的

     

  • 上部フィルムが取り外し可能で、付け替えもできる

     

 

【女性のマナー】

  • 化粧崩れしにくい、透明マスクによってメイクを直さずに済む

     

【衛生面】

  • 唾を飛散防止できる

     

  • 息が顧客にかからない

     

  • 抗菌加工されている

     

 

【コミュニケーション】

  • 付けても目立たず、笑顔の表情が見えて気持ちを伝えやすい

     

  • 付けていることを気にせず自然な接客ができる

     

 

【息苦しくない】

  • 密着しないので、顔にへばり付くことなく呼吸が楽

     

  • 夏でも暑苦しくない

     

  • 鼻が詰まっていても白いマスクのような息苦しさが軽減される

 

 

マスクを付けるのは顧客や患者さんに息や唾を吹きかけないためなど、業種によってさまざまな理由があると思います。
息苦しいマスクをして唾の飛散や息の吹きかけを防止するか、作業効率が落ちても息苦しいマスクをするか?を考えると、今までは顧客・患者さんの信頼を落とさないような選択をせざるを得ませんでした。
しかし現在では、息苦しいマスクの課題を解決する透明マスクがさまざまな業種で採用されており、顧客・患者さんからも好印象のようです。

 

以下より「息苦しいマスク」を改善して透明マスクを使用したらどうなるのか?さまざまな業種の事例を交えてお伝えします。

 

 

こんな業種で使われている透明マスクの事例と口コミ・レビュー

 

マスクを付ける理由は顧客や患者さんに息や唾を吹きかけないため、または感染症予防のためかもしれません。
以下よりさまざまな業種で浮上するマスクにまつわる事情と、透明マスクを使用した人の使用感・実感として口コミとレビューをご紹介して参ります。

 

医療用:マスクをずっとつけても疲れない・コミュニケーションが円滑に

 

医師・歯科医師、そして医療従事者の方はほとんどがマスクを付けているでしょう。
患者さんの身体に接近して治療する必要もあると思いますので、息や唾を吹きかけないように気を使うのが当然のマナーとされていますね。
また、院内感染を防止するうえでもマスクは必須としている施設が多いかと思います。

 

透明マスクを使用した歯科医師はこんな口コミをされていました。

 

 

■医療従事者の透明マスクの口コミ・レビュー■

 

マスクをしていると小さなお子さんが私を怖がることがたまにあって、どうしたものかと思っていました。
痛い治療の時にマスクの顔で接近するイメージが付いてしまっているのでしょうか。
透明マスクを使ってみて、そうしたことも減っています。
表情がわかるとコミュニケーションが円滑になるのかもしれません。

 

出典:日経トレンディ

 

 

特にドクターの先生方の場合は診療時間中ずっと集中を切らさないでいる必要があるので、マスクのつけ心地の悪さで業務が阻害されてはいけません。
人体工学的にすぐれ、ずっと使用しても疲れない透明マスクが求められるでしょう。

 

 

接客業・飲食業:唾を飛ばせない・接客業に集中できるマスク

 

ホテルマンや銀行マンそして百貨店の販売員など神経を使う接客業務では(当然ですが)好きで唾が飛び出す訳でもありませんが、気づいた時にはバツの悪さを感じるものです。
また、飲食業の場合は唾が食品に飛ぶなどもってのほかですね。
しかし、こうした接客業・飲食業の課題は「白いマスクを付けると見た目上あまりいい印象を与えない」といった点でしょう。
風邪でも引いているの?などと不健康そうなイメージが付きまとい、また表情が隠れるために無愛想な接客業だとも思われかねません

 

透明マスクを付けることで気を使わずに接客ができるようになった方の口コミをご紹介します。

 

 

■接客業・飲食業の透明マスクの口コミ・レビュー■

 

自分自身が潔癖症なので、唾や息が吹きかけられた食品を人様に提供してしまうんじゃないかと思い、良いマスクを探していました。
透明マスクがあると知り、自分自身も息苦しい感じもなく安心して付けていられます。

 

出典:アマゾン

 

 

 

■接客業・飲食業の透明マスクの口コミ・レビュー■

 

ベーカリーショップで透明マスクを導入したらはじめはびっくりされていましたが、衛生に気をつけているお店と捉えて下さるようになり、評価が上がってきています。

 

出典:日経トレンディ

 

 

 

理容・美容師、エステ従事者:目立たない・笑顔で接客できるマスク

 

理容・美容師またはエステ業従事者の場合は髪を切っている最中、そして施術中にくしゃみが出たりしたら大変…とっさに顔を横に向けて対処する方も多いのではないでしょうか?

 

理容・美容業で透明マスクを実際使ってみた方の口コミ・レビューをご紹介します。

 

 

■理容・美容業の透明マスクの口コミ・レビュー■

 

自分自身鼻がつまりやすい体質で、息苦しいながらも仕方なく白いマスクを使っていました。
透明マスクのおかげで息苦しい感じもなくなり、お客様のお顏を剃るときに息がかからなくて済みます。
また防曇加工されているので自分の息で透明マスクが曇らず、作業の邪魔にならず助かります。

 

出典:アマゾン

 

 

 

特に注目したい・透明マスクの知られざるコスト削減できるメリット

 

透明マスクの1個当たりの価格は、白い不織布マスクよりも割高なのですが、従業員の人数、または長期で考えるとコスト削減できるケースもあるようです。

 

 

年間でマスクに必要なコスト(100人の場合)

業務用マスク

432,000円

医療用マスク

8,136,000円

透明マスク:マスクリア

298,000円

出典:ムーブオン

 

従業員数が多い企業では上のように従来型の白い不織布タイプ・使い捨てタイプのマスクを見直して、コスト削減に繋げることも可能でしょう。

 

韓国から始まり、日本用に改良された透明マスク

 

透明マスクはもともと韓国で利用されていました。

 

自動車メーカーヒュンダイのショウルームで働く営業マンや、菓子メーカーロッテの従業員などさまざまな業種で透明マスクが導入されていたようです。

 

一企業の社長が韓国の百貨店で透明マスクをしている店員を見かけて衝撃を受けたことで「日本でも販売したい」と持ちかけたのが、現在の日本国内の透明マスクの始まりとなりました。

 

その後透明マスクを日本用に改良、特許まで取得して販売されているのがムーブオンの『マスクリア』。

 

他にも透明のマスクは見受けられるのですが、特許商品であること、レビューの高評化などからしてマスクリアが一番幅広い接客業・医療施設で活用しやすいのではないかと思います。

 

 

 

感染症予防にはならない透明マスク:だから食べるマスクの併用する手も

 

透明マスクのデメリットには「花粉症や感染症予防にはならない」といった点が挙げられます。

 

極度の花粉症の方は白いマスクを付けた方が無難でしょう。

 

感染症が流行する時期にシールド乳酸菌を予め摂取して、透明マスクと併用するのもよさそうですね。

 

以下のように乳酸菌がウイルスを減滅させる効果があるので、実質「食べるマスク」として活用できるわけです。

 

シールド乳酸菌の感染症対策

出典:森永製菓

 

 

 

まとめ:仕事効率を重視、コニュにケーションが円滑になればそれでいい

 

さまざまな業種で導入される透明マスクに関してそのメリットや口コミ・レビューをご紹介してきました。

 

感染症対策にはならない透明マスクのデメリットをカバーするアイテムとして食べるマスクを挙げました。

 

それぞれのお仕事の効率が上がり、かつ顧客・患者さんとのコミュニケーションが円滑になれば、ビジネス上の目標の大部分は達成されるでしょう。