このページの先頭へ

首のヘルニア【頸椎ヘルニア】の治療とセルフケア

首のヘルニア【頸椎ヘルニア】の治療とセルフケア完全版

首のヘルニアは頸椎ヘルニアと呼ばれており、肩こりのような痛みかと思いきや手にしびれや痛み、そして冷感を感じるようになり、悪化すると半身の自由が効かなくなって歩行が困難になる、手が挙げられないなど日常生活に支障をきたすようになります。

 

ここでは頸椎ヘルニアを発現した時に行われる標準治療や、その他に「これだけは取り組みたいセフルケア」としてその具体的な方法をご紹介しています。

 

頸椎ヘルニア

 

頸椎ヘルニアとは

 

頸椎ヘルニアは首付近の脊髄または神経根がヘルニアによって圧迫され、両手脚、または片側に痛み、しびれ、冷感などが表れて、手を挙げたり歩いたりなどの動作に支障が出る疾患です。

 

ヘルニアでは脊椎と脊椎の間に挟まってクッションの役割を果たす椎間板中の髄核が、それをカバーしている線維輪から飛び出し、脊髄や神経を圧迫して痛みなどの症状が発現するようになります。

 

老化や生活習慣での無理な姿勢などで髄核をカバーする線維輪に亀裂が入り、髄核が飛び出したとき、数日間は痛みやいつもと違った感覚を覚えます。

 

ヘルニアが神経輪を飛び出してから数日経ってから脊髄および神経根を圧迫すると、しびれや痛みなどの神経症状が顕著になります。

 

 

頸椎ヘルニアのタイプとその症状

 

下の図はヘルニアがどのように脊髄の方へと迫り出しているかを表しています。

 

頸椎ヘルニアのタイプ

 

出典:eitailabo.com

 

頸椎ヘルニアの場合、腕の神経に隣接してヘルニアが形成されるので、首・肩・腕に神経症状が発現しやすくなります。

 

ヘルニアがどの方向に向かって飛び出すのかで下記のように症状が異なって表れるようになります。

 

ヘルニアが脊髄を圧迫している場合【中心性ヘルニア】

椎間板中の髄核が脊髄(背中側)の中心に向かって迫り出している場合、両手足のしびれや冷感などの症状が表れ、指を動かせなくなるなどの支障や、歩行障害が発現することもあります。この場合は頚椎症性脊髄症と診断されることが多いようです。

 

ヘルニアが神経根を圧迫している場合【後外側方ヘルニア】

椎間板中の髄核が神経根を圧迫している場合は、半身の手足などにしびれや冷感などの症状が表れます。
ヘルニアが脊髄を圧迫するよりは軽症の場合が多いようですが、この場合も歩きずらさや強いしびれや痛みを感じるケースはあり、ケースバイケースと言ったところでしょうか。

 

実際には下記のようにⅠからⅣまでのステップを経て疾患が進行していきます

 

Ⅰ 首・肩

髄核が飛び出して椎間が変形すると、首の後ろから背中に欠けてピリピリとしたしびれや凝りなどを感じるようになります。この場合必ずしも手術を必要とする訳ではなく後述の理学療法や温存療法が行われます。

 

Ⅱ 腕

肩から末端までに生じるしびれや痛みはヘルニアが神経根を圧迫しているケースです。首から肩甲骨、そして腕にかけて症状が表れます。第3頸椎以降に付随する神経根がヘルニアによって圧迫されると、腕の痛みやしびれだけでなく、手で物が握れない、むくみなどの症状が顕著になります。
この場合は星状ブロック注射を打つ治療が行われる場合が多いようです。

 

Ⅲ 頭部

第三頸椎よりも上の神経根がヘルニアに圧迫されている場合は頭部に以下のようなさまざまな症状が表れるようになります。
■頸椎ヘルニアの症状が頭部に表れる場合の主な症状
頭痛、眼球奥の痛みや眼性疲労、耳鳴り、めまい

 

これらは頸椎がヘルニアによる症状で変形することで表れ、脳血管障害が併発する場合もあります。
このため上述の理学療法のほか、薬物療法にて血管を拡張する薬剤が使用される場合もあります。

 

Ⅳ 下肢

ヘルニアが脊髄を圧迫している場合(中心性ヘルニア)は下肢にもしびれや痛みなどの症状が表れます。
歩くのもままならない、失禁などの症状が表れ、日常生活への支障が増してきます。

 

 

肩凝りと頸椎ヘルニアの違い

 

頸椎ヘルニアが比較的初期の段階では、肩や首付近に表れる痛みとして発現していました。慢性的な肩凝りや首凝りが起こっている場合、初期段階の頸椎ヘルニアには気づきにくそうな気がしてきます。

 

ここで肩凝りや首凝りが何かを明らかにしたいのですが、それらは筋肉が硬くなることで表れる痛みであり、顕著なしびれの症状は起こりにくいと言えます。一方頸椎ヘルニアの場合は脊髄や神経根が圧迫されることによる症状です。
頸椎ヘルニアと肩凝り・首凝りの見分け方としては痛みのほかにピリピリとしたしびれの症状があることで判断が付くでしょう。

 

 

腰部ヘルニアと頸椎ヘルニア

 

腰部ヘルニアと頸椎ヘルニアは、ヘルニアの位置が違うだけで現象としては「髄核の突出」という同じような事が起こっています。

 

しかし、腰部ヘルニアが治りやすいと言われる一方、頸椎ヘルニアは完治例として診られる例が少ないようです。

 

この理由としては頸椎の椎間板が下の図のように終板と線維によっておおわれ、ヘルニアがマクロファージやタンパク質の分解酵素の影響を受けにくい性質にあるようです。

 

頸椎ヘルニアの突出

出典:遠隔画像診断

 

腰部ヘルニアがなぜヘルニアが消失しやすいかは、(頸椎のように終板と線維に覆われておらず)マクロファージが飛び出した髄核を貪食し、かつタンパク質が髄核を分解するためだと明らかになっています。

 

頸椎ヘルニアが消失する場合も腰部ヘルニアと同じような流れになっているのではないかと考えられているようです。

 

症例としても頸椎ヘルニアが消失した例は報告されています。

 

その特徴としては頸椎ヘルニアが発現した早い段階で消失の兆候を見せ、1年内には頸椎ヘルニアによる症状が消褪すると言います。

 

報告によると(※) 後外側方ヘルニアよりも脊髄が圧迫されている中心性ヘルニア(下記の表記ではmedian type)の方が、そして脊椎に対してびまん型(下記の表記ではdiffuse type)が消失しやすいとされています。

 

頸椎ヘルニアの突出

 

 

※椎間板ヘルニアの自然消失例 今村悠哉ら

 

 

頸椎ヘルニアの治療

 

頸椎ヘルニアの治療は一般的に下記のように行われます。

 

医療施設で行われる治療

  • 薬物療法
  • 理学療法:牽引法、温熱療法、ブロック、電気療法
  • 外科手術:【軽症】PLDD けい皮的レーザー椎間板減圧術 【重症】>PECD

    ※PLDDとPECDのいずれも100%自己負担

 

民間の治療院系の専門店で行われるケア

  • マッサージ(後述)

 

 

頸椎ヘルニアは完治するのか?治らないのか?

 

頸椎ヘルニアは腰部ヘルニアに比べて自然消失の事例が少なく、完治しにくいと言われています。

 

では治らない病気なのか?と言えば「痛みやしびれなどの症状が消褪すればひとまず治った」と安心できるのではないでしょうか?

 

以下より病院で行われる治療のほか、セルフケアとして挙げられる方法をご紹介しましょう。

 

 

頸椎ヘルニアの人が取り組みたいケア・これだけは

 

「頸椎ヘルニアは治らない」と言われますが病院で行う治療のほかにできることは沢山あります。

 

症状を消褪に導くにはさまざまなケア方法を組み合わせて痛みやしびれを減らし、ほかの症状も減らしていくことが必要です。

 

 

ヘルニアの自然消滅を促すためのケア

 

前述のとおり腰部ヘルニアは自然消滅しやすく、そのメカニズムとしては免疫反応によって出動したマクロファージがヘルニア組織を貪食作用し、かつマクロファージからタンパク質分解酵素が生成されてヘルニア組織を分解するように働くと言います。

 

これにより体内の異物を食作用によって掃除する役割のマクロファージの働きを強化するのが一つの方法です。

 

上述した通り頸椎ヘルニアに関しては腰部ヘルニアと異なり、椎間板が終板と線維に覆われた構造になっており、マクロファージの異物除去作用がうまくヘルニア(髄核の突出)を掃除してくれるかどうかは分かりません。

 

しかし免疫の強化を通してマクロファージの働きを活発化するのは、有用と言えるでしょう。

 

人の体の免疫細胞の7割は腸内でつくられていますので、この場合腸内環境を整えるのが適切です。腸内環境ケアには善玉菌を増やす取り組みが不可欠ですが、ここで注意点だけを挙げておきましょう。

 

ビフィズス菌などを含む乳飲料は生きたまま届いても腸を通過するだけ

 

ヨーグルトを日本で初めてつくった医師は開発当初の段階で「ヨーグルトなどの乳酸菌入り食品が善玉菌をほとんど増やさない」と認識していました。
もともとそれぞれの人が持っている腸内細菌には縄張りがあり、新しく入って来た菌は縄張りの中で定着できずに消失してしまいます。
また善玉菌は食物繊維などを栄養にして乳酸菌発酵物を生合成し、乳酸菌発酵物の形になって初めて体に有益な作用がもたらされるので、定着する見込みが少ない善玉菌を摂取しても効率が極めて悪いだけです。
このため、免疫を上げるために初めから乳酸菌発酵物の形で摂取するのが近道と言えるでしょう。

 

以下はエビデンスがしっかり揃った貴重な乳酸菌発酵物のサプリメントです。ご参考ください。

 

 

 

セロトニンの効きを良くするケア

 

また、腸内環境を挙げておくことは他の意味においても有益です。

 

麻酔薬であるモルヒネの6倍の鎮痛効果があると言われるセトロニンは、椎間板ヘルニアの痛みを抑制するために不可欠な脳内神経伝達物質です。

 

体内で生成されるセロトニンの9割超は腸内で生成されており、腸内で生まれたセロトニンが脳内に輸送されるわけではありませんが、腸内のセロトニン濃度の情報が脳に伝わっており、これが痛みのメカニズムとして重要な影響を与えているというのです。

 

腸内のセロトニンを増やすケアとしても上述乳酸菌発酵物の形で腸内環境ケアを行うのが良いでしょう。

 

発痛物質が出ている状態は後述交感神経が優位になっており、この状態はストレスに対抗するためのストレスホルモン(コルチゾール)やアドレナリンが多めに分泌されています。これにより腸内環境は悪玉菌が増えやすく、便秘など排出の障害も併発しやすくなっていくのです。

 

頸椎ヘルニアをトータルな意味で考えていく方法として意外かもしれませんが、腸内環境ケアは免疫の向上(マクロファージの増殖)と鎮痛効果の高いセロトニンを増やす取り組みとして考えるのが適切です。

 

 

痛みのループをリセットするケア

 

頸椎ヘルニアで起こっている痛みのメカニズムは以下のとおり。

 

痛みのループ

 

交感神経優位な状態が、血管収縮や骨格筋の硬直、末梢循環の低下、体組織の酸欠などを生み出し、仕舞いには発痛物質の増産という望まない環境がつくられているのです。

 

この場合は痛みのループをリセットするためにリンパドレナージュのようなボディケアを行うのが良いでしょう。

 

リンパとは血管に沿うようにはり巡っており、血流から渡された老廃物を体外へ排出する役割を持つほか、前述免疫部隊の通り道や関所となる極めて重要な役割を持っています。

 

ですからできるだけリンパを良好な状態にしておくのがベスト。

 

下記では慢性的な痛みをケアするリンパドレナージュについて実施しているサロンのご案内です。

 

ご参考ください。

 

>>慢性的な痛みを専門的に扱う専門医提携を受けるサロン<<

 

 

血流をサラサラにするケア

 

しびれや冷感が起きやすい頸椎ヘルニアでは、血流の確保が極めて大切です。

 

血液の状態をできるだけ良好な状態にしておくために、効果の高いケアを行っておくのがおすすめです。

 

血液の流動性を高めるためにEPAやDHAの効果については極めて高い評価があり、頸椎ヘルニアの人が血流を確保するためにも有益と言えます。

 

また慢性的に痛みを感じていると、同時に慢性疲労が起きやすくなります。慢性疲労では脳内がストレスを感じて炎症が起きている状態です。

 

この時、前述痛みを抑制するように働くセロトニンなどの脳内神経伝達物質を媒介するシナプスに炎症が起きます。

 

痛みを抑制する物質が分泌される装置が機能不全になるのが、頸椎ヘルニアの痛みを抑制したい場合にいかにリスクがあることか?想像に難くないでしょう。

 

EPAとDHAは非常に酸化しやすい性質を持っていますから、青身の魚などで摂取するだけでなく、毎日習慣として摂取できるサプリメントで定量を摂るのがおすすめです。

 

 

 

脊髄を保護するケア

 

頸椎ヘルニアで損傷が起きた脊髄自体は回復見込みがないのでしょうか?興味深い症例があります。

 

頸椎ヘルニアの事例ではありませんが、同じ脊髄が損傷している病気で以下のように脊髄が回復する場合もあります。

 

 

 

ヒートショックプロテインHSPとは自己回復タンパクと呼ばれ、体組織に損傷が起きた時に修復や分解、不要になった体組織を輸送するなどの働きを担います。

 

HSPを増やす入浴法って?

 

ヒートショックプロテインを増やす方法は40度のお湯に首までつかって15分~20分くらい入浴するだけ。

 

昔々湯治で傷や難治性の病気が癒えた理由はヒートショックプロテインのメカニズムがベースになっているとか。

 

入浴は毎日誰でも行う習慣ですので、この入浴法を継続して行ってみてはいかがでしょうか?

 

効果が3日間くらいは持続しますので、週に2回程度を目安に行いましょう。