このページの先頭へ

腰痛で足のしびれが酷く歩けない|腰部脊柱管狭窄症は治るのか?

腰痛で足のしびれが酷く歩けない|腰部脊柱管狭窄症は治るのか?

 

腰痛で足のしびれが酷く歩けない、そんな時は要注意

 

「腰痛で足のしびれが酷くなった、休みながらでないと歩けない…」

 

もしこんな症状に陥っていたとしたら、決して軽視してはいけない状態でしょう。腰痛は誰にでも起こりえますが、「休みながらでないと歩けない」のはもはや単なる腰痛ではありません。

 

こうした足のしびれと痛みで歩くのもままならない場合は、腰部脊柱管狭窄症を疑いましょう。

 

足がつらくて歩けない

 

 

腰部脊柱管狭窄症の症状

 

腰部脊柱管狭窄症では以下の症状が表れます。

 

腰部脊柱管狭窄症の症状

  • 脚にしびれや痛みが起こり、時には冷感を感じる。
  • 腰痛はそれほど強くない
  • 休みながらでないと歩けない
  • 前かがみになるといくらか症状が和らぐ、体をまっすぐにしたり後ろに反らしたりすると痛む

 

腰痛

 

そして腰部脊柱管狭窄症を放置して進行すると、以下のような症状も起こるようになります。

 

腰部脊柱管狭窄症が進行すると起こる症状

  • 尿漏れなどの排尿障害
  • 筋力低下

 

尿漏れなどの排尿障害が出るような場合は、即手術を要する状態です。

 

歩けないほどの脚の痛みをずっと放置するケースは稀かもしれませんが、腰部脊柱管狭窄症を放置しておくと、手術をしても脊柱が回復しない状態になり(後述)、症状に気付いたら早期の対応が必要です。

 

 

腰部脊柱管狭窄症の体では何が起こっているのか?

 

ここで腰部脊柱管狭窄症がいったい何なのか、体の中で起こっている実態を解説します。

 

脊柱はよく耳慣れた言葉で言うと背骨の事を言います。下記のとおり、脊柱は椎体と椎弓からできており、この間に脊髄が通っています。

 

脊柱管とは椎体と椎弓の間にある空間であり、脊髄の通り道となるトンネルのような役割を果たしています。

 

脊柱管

 

脊柱管2

 

脊髄は「皮膚感覚などから受けた刺激(知覚)」そして「運動においての命令」をやり取りする情報の伝達経路として働いています。脊柱管はこの脊髄を守るための入れ物のような存在です。

 

腰痛で足のしびれが酷く、歩けなくなるほどの腰部脊柱管狭窄症では、椎骨や椎間板、そして黄色靭帯が変形(または肥厚)して脊柱管を圧迫し、脊髄が正常に機能しなくなることで症状が発現します。

 

脊柱管3

 

圧迫の部位とタイプ 主な症状

 

神経の圧迫がどのように発現しているかで、以下のように3にタイプ分けされます。

 

脊柱管狭窄症のタイプ

 

圧迫の部位

主な症状

神経根型

脊髄から伸びる神経根

痛み

馬尾型

馬尾

しびれ

混合型

神経根と馬尾の両方

痛み・しびれ

 

※この表のとおりオートマチックに型を100%断定できるわけではありませんが、おおよその目安にはなります。

 

脊髄が骨や黄色靭帯、椎間板によって圧迫されると、脊髄の中の血流が妨げられ、かつ脳脊随液が断絶されるので神経に栄養が行き届かない状態になります。

 

神経が血液や髄液がない状態で半むき出しになり、痛みやしびれのような機能不全を起こすようになるのです。

 

脊柱管の圧迫

 

腰部脊柱管狭窄症を放置しておくと手術をしても回復見込みがなくなるのは、神経に不可逆的な変化が起きてしまったためです。

 

 

腰部脊柱管狭窄症と腰部椎間板ヘルニアの違いと坐骨神経痛との関係

 

腰部脊柱管狭窄症は腰部椎間板ヘルニアに非常に似ており、両者は誤診も多いと言われます。

 

しかし前述したような「腰部脊柱管狭窄症で起こっている体の変化」を的確に知りえない限り、その症状を治すのは不可能ですので、両者の違いを知っておく必要があります。

 

腰部脊柱管狭窄症と腰部椎間板ヘルニアの違い:判別

 

  腰部脊柱管狭窄症 腰部椎間板ヘルニア
原因 骨・黄色靭帯・椎間板の変形(または肥厚)による神経の圧迫 椎間板の中の髄核の突出(ヘルニア)による神経の圧迫

痛みの
好発部位

  • 尻中央
  • ひざ下
  • 脚内側
  • 尻外側
  • つま先・かかと
  • 脚内側
歩行 休まないと歩けない(間欠性跛行) 特に支障なし
前屈と後屈 後ろに反る(後屈)と痛む 前かがみになる(前屈)と痛む
車の運転 ケースバイケース 痛みで辛くなる
自転車 楽になれる 辛い

 

腰部脊柱管狭窄症に決定的な症状となるのは、「休まないと歩けない(間欠性跛行)」といった症状です。

 

上の表だけ見ると「間欠性跛行の症状はあっても、つま先に痛みを感じる」など腰部脊柱管狭窄症と腰部椎間板ヘルニアの症状が混在しているように感じる場合もあるでしょう。ですから、実際は表だけで判断したりせず、整形外科でMRIなどの画像診断で正確に診断してもらう必要があります。

 

腰部脊柱管狭窄症と坐骨神経痛の違いは病名と症状

 

また、腰部脊柱管狭窄症と坐骨神経痛の違いがよく問われます。

 

両者は「腰部脊柱管狭窄症は病名」であり、「腰部脊柱管症状の症状を表すのが坐骨神経痛」であるに過ぎません。

 

実際、坐骨神経痛は腰部脊柱管狭窄症だけでなく以下のようなさまざまな病気の症状を示す上でも使われます。

 

坐骨神経痛が表れる症状

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰部椎間板ヘルニア
  • 閉塞症性動脈硬化症(腰部脊柱管狭窄症との合併率は30%)
  • 仙腸関節炎
  • 帯状疱疹後神経痛
  • 変形性腰椎症
  • 腰椎分離すべり症
  • 梨状筋症候群

 

それでは腰痛で足のしびれが酷く、歩けなくなるほとの状態は通常どのように治療が行われるのかを解説します。

 

 

腰部脊柱管狭窄症の治療

 

治療

 

腰部脊柱管狭窄症の治療は主に以下3つが行われます。

 

  1. 薬物療法
  2. 手術
  3. 理学療法

 

薬物療法

 

 

薬の種類

薬の作用機序

神経根型

消炎鎮痛剤
・Nsaids
・プロスタグランジンE1製剤
など

プロスタグランジンE1に関しては、痛みを抑制する生理活性物質を薬によって連続投与し、痛みの抑制を継続的に行うものである。
※3ヶ月消炎鎮痛剤を投薬して効果がない場合は他が試される

馬尾型

プレガバリン(リリカ) カルシウムチャンネルの遮断

混合型

神経根と馬尾型の薬を組み合わせた処方  

 

他に投与される薬剤

  • 血管拡張剤
  • ブロック注射
  • ビタミンB剤

など

 

 

手術

 

腰部脊柱管狭窄症の手術は脊柱管を広げて圧迫していた要因を取り除く目的で行います。

 

最新の手術は体に負担がかからないPEL(桂皮的な意志教脊柱管拡大術)などが行われ、傷口が1㎝以下、手術時間が30分で済むなど腰部脊柱管狭窄症の治療の可能性が広がっています。

 

入院日数は短くて済みますが、術後は1~3ヶ月の休養が必要になるケースが多く、すぐに社会復帰できるわけではありません。

 

またそれらの手術にリスクが一切ないとは言えず、脊柱管狭窄症の名医を訪ねて正確な診断と手術を行ってもらう必要があるでしょう。

 

 

理学療法

 

  • 低周波療法
  • 腰部固定ベルト
  • リハビリ

 

 

腰部脊柱管狭窄症は治るのか?これだけは取り組みたい自助努力

 

薬物療法で症状が和らいだり、晴れて手術を終えたりしても、しびれで休まないと歩けない状態を和らげるにはある程度の自助努力が必要です。

 

以下より腰部脊柱管狭窄症で自助努力として取り組みたいセフルケアを挙げてみます。

 

  1. ストレッチ・リハビリ
  2. 血液をサラサラにしておく
  3. 血流(体液循環)を促すマッサージ
  4. 痛みを鎮めるサプリメント:キャッツクロー

 

 

ストレッチ

 

腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状として「足がしびれて休まないと歩けない」があります。

 

5分続けて歩けず、休んで意を決してまた5分…などと延々と続けていると、お仕事や日常生活で支障が出るようになり、フラストレーションを抱えるケースが多くなるはずです。

 

以下のストレッチを続けて行うと歩ける時間が増え、日常生活上の支障も減らせるようです。

 

 

ベッドなど安定して仰向けになれる場所を選び、クッションを仙腸関節に当て、膝を両手で抱えて5分じっとしてみるだけです。

 

動画では両脚を一度に抱えるように解説されていますが、片足ずつ行ってもよいでしょう。ポイントは毎日継続して行うことです。

 

 

リハビリ

 

トレッドミル

 

腰部脊柱管狭窄症で実践したい自助努力に、無理をしない有酸素運動をミックスさせて行うリハビリがあります。

 

医学論文の権威パブメッドで、Sang-Hun Jang J Phys Ther Sciにより坐骨神経痛のラットにトレッドミルのリハビリを行わせたところ、トレッドミルを行わなかったラットよりも坐骨神経痛の回復が進んだと明らかにされています。

 

これは運動神経の発達が坐骨神経痛で損傷した神経を回復させることを示唆しています。

 

出典:Effects of physical exercise on the functional recovery of rat hindlimbs with impairments of the sciatic nerve as assessed by 2D video analysis PubMed 2015

 

腰部脊柱管狭窄症(病名)も坐骨神経痛(症状名)の一種と分類されると前述しました。

 

よってこの論文の結果を腰部脊柱管狭窄症に適用できます。

 

しびれが辛く、休まないと歩けないものの、自転車などで下肢を動かすエクササイズなど前かがみの姿勢では痛みを感じずにいられるでしょう。

 

その他ご自身で「このエクササイズだったら体に負担なくできそう」といったようなリハビリメニューを考えてみるのもよさそうです。

 

 

血液をサラサラにしておく

 

血液サラサラ

 

坐骨神経痛の原因となる症状に閉塞性動脈硬化症を挙げていました。

 

閉塞性動脈硬化症では末梢血管が動脈硬化症によって破壊され、さまざまな症状を呈するようになります。

 

例えばLDLコレステロールが脚の血管内壁に沈着・LDLが血管内壁で酸化・やがて血管を破壊して脚の血流を著しく低下させていくことが挙げられます。

 

閉塞性動脈硬化症が進行すると、腰部脊柱管狭窄症と同様の「足がしびれて休まないと歩けない“間欠性跛行”」が起こるようになります。

 

腰部脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の合併率は30%と言われており、血液を健康に保つケアも大切です。

 

実際には以下の3点を「血管と血液の健全性」の目安とするとよいでしょう。

 

  • 血糖値が正常である
  • 下の図LDLコレステロールとHDLコレステロールの比率(LH比率)が良好である
  • 中性脂肪値が正常である(中性脂肪値が高いとHDLコレステロールを上昇させる)
  •  

    LH比率

     

    コレステロールに関してはLDLとHDLいずれも異常がなくても、LH比率が1.5以上あるような場合は動脈硬化症が進んでいると考える必要があります。

     

    もしLH比率が良好とは言えない状態だったら、血液をサラサラにする効果で評価の高いDHAやEPAのサプリメントを活用するとよいでしょう。

     

    消費者庁ではDHAやEPAが「心血管疾患リスク低減」および「血中中性脂肪低下作用」に効果があるとしてAランクの格付けを行っており、血液をサラサラにしたい人が安全に体質改善したい場合に大変有効です。
    以下おすすめのサプリメントを挙げておきます。血液サラサラに自信がない方は下記をクリックして詳細をご覧ください。

    製薬会社が手掛けたDHA・EPAのサプリメント

    青魚の“サラサラ成分”「DHA・EPA」毎日足りてますか?

     

     

    血流(体液循環)を促すマッサージ

     

    マッサージ

     

    腰部脊柱管狭窄症では脊柱が圧迫されて、脊髄の血流が低下しているとお伝えしました。

     

    また足にはしびれが起き、時には冷感さえも感じるほどになります。

     

    薬物療法では血管拡張剤が処方されていますから、自助努力として前述の血液サラサラケアのほかにマッサージも効果的です。

     

    痛みやしびれが起きている状態は、下のような「負のループ」が無限に繰り返されます。

     

    痛みのループ

     

    痛みやしびれが無限に繰り返されるループをいずれかのフェーズでリセットすれば、痛みもしびれも抑制できると考えられます。

     

    ここで活用したいのが薬物療法で登場したプロスタグランジンE1と同じような効果を発揮するマッサージオイル・月見草オイルです。

     

    月見草オイルは極めて珍しいγリノレン酸を高濃度で含むオイルで、γリノレン酸が皮膚から吸収され、代謝されるとプロスタグランジンE1(PGE1)としての効果を発揮すると期待できるのです。

     

    プロスタグランジンPGE1への代謝経路

     

     

    マッサージの中でもリンパをソフトタッチで刺激するリンパマッサージがおすすめですが、プロのように上手に行う必要はありません。

     

    慣れないうちは、月見草オイルをマッサージオイルとして活用しながら足先から脚の付け根まで皮膚を撫でるような感覚で行うとよいでしょう。

     

     

    痛みを鎮めるサプリメント:キャッツクロー

     

    キャッツクロー

     

    腰部脊柱管狭窄症のセルフケアとして最後にお伝えするのが、キャッツクローの活用です。

     

    キャッツクローはWHOからリスクが少ない消炎鎮痛剤として認められているハーブです。

     

    リウマチや関節炎など炎症が強い疾患に用いられるケースが多く、腰部脊柱管狭窄症の痛みを鎮めるためにも有効です。

     

    以下はキャッツクローに含有されている成分の一例とその効果です。

     

    アルカロイド類の作用

    免疫・マクロファージの活性化 イソテロボディン、テロボディン、イソミトラフィリン
    利尿作用 ミトラフィリン
    血管拡張 イソリンコフィリン、リンコフィリン

     

    キャッツクローが消炎鎮痛剤として有効なのは上のアルカロイドが作用している点が大きく、かつ腰部脊柱管狭窄症の症状の根底にある血流の低下を血管拡張効果で緩和する点にあるでしょう。

     

    また排尿障害が起きてしまった場合にキャッツクローで利尿作用も期待できます。

     

    キャッツクローのサプリメント

     

    痛みにキャッツクロー

     

    まとめ:腰部脊柱管狭窄症がセルフケアでよくなった

     

    幣サロンのお客様でも腰部脊柱管狭窄症の術後、上に挙げたメニューをバランスよくセルフケアしながら、特にむくみが強かったとのことでマッサージを熱心に行われた方がいらっしゃいます。

     

    手術を行った医師からも「何をしてそんなに良くなったの???」と聞かれたそうなのですが、これはご本人の努力の賜物としか言いよう長いような気がします。

     

    どれも効果的なケアを挙げていますが、何か1つだけに偏ることなくバランスを保って体のケアをしていくのがおすすめです。

     

     

     

    出典
    ①腰の痛み全解説
    ②オフィスカロマ
    ③東名病院
    ④健学舎
    ⑤日本骨折治療学会