このページの先頭へ

ピントが合わないし目がかすむ!有能なビジネスマンこそ実践する方法

目がかすむしピントが合わない!有能なビジネスマンこそ実践する方法

 

現代人の目の疲れにある本当の原因

 

今やビジネスマンに必需品となったパソコンやスマホ、ディスプレイが見えやすいようにブルーライトが使われていて、ほとんどの人はまだこのブルーライトの目に対する影響を知らないままです。

 

ブルーライトは400ナノメートルほどの波長で網膜まで到達する強い光で、目を酷使しています。

 

ブルーライト

出典:ZOFF

ブルーライトは真皮まで到達する強い光線

真皮に到達するブルーライト

 

パソコンとかスマホが登場したのは有史始まって以来ほんの一時でしかなく、もともと原始人の時代にはスマホなど当然ありません。

 

一方現代人がいくら便利な機器で毎日が快適になったとしても、目のつくりがブルーライト使用の機器に対応するように進化(アップデート)しているはずもありません

 

ついついそれらの便利さや快適性につられ、弊害は見過ごされてしまいがち。

 

ですから便利なパソコンやスマホを使ったら、当然私たちは目のケアはするべきなのかもしれません。

 

 

ビジネスマンやスマホ世代にあるお疲れモードな目のチェック

 

ここでパソコンを一日中見ているビジネスマンやスマホ世代にとって、どれだけ目が酷使されているかチェック項目を試してみましょう。

 

目のお疲れチェック

□ パソコンを使って仕事をしている
□ 夕方もしくは週末になると目がかすんだり、ピントが合わないことがある
□ 朝と帰宅時を比較すると、30㎝ほど離した朝刊が見えずらくなっている(朝刊でなくても可)
□ 肩や首は結構凝っている

 

 

当てはまった数が多ければ多いほど目を酷使しています。

 

 

 

目が疲れているといってもいまさらパソコンやスマホを使わないなんてありえない

 

パソコンに向かうエンジニア

 

パソコンと一日中向かいながら、緻密なシステムの構築を行うエンジニアは、1つのミスも許されずに若くして全身脱毛症になってしまうケースだってあります。

 

かっこいいですよね…自分の体が酷使されても全身全霊を仕事に捧げるのですから。

 

しかし、いまどきパソコンやスマホ抜きにビジネスや生活が成り立つはずもなく、現代人にとって欠かせない機器抜きにして考えられるはずがありません。

 

かっこいいエンジニアといっても目がだめになっては仕事の効率が落ちるだけです。

 

そして有能なビジネスマンの替えになる人材はそうそう見つかりません。

 

ですがここからはすでに効果が出ている対策を解説しますので、今これをご覧になっているあなたはもっと自身を労わり、目のケアにも有効な手段をみつけられるはずです。

 

 

目の不調の原因は何?老眼か眼精疲労か病気か?

 

ピントが合わない、また目がかすむ原因は以下の通り。

 

 

ピントが合わない原因

 

毛様体筋

出典:

 

ピントが合わない原因は、ピントを調節する筋肉の疲れです。

 

下の図の通り目は遠くを見たり、近くを見たりする度、レンズ(水晶体)を毛様体筋と呼ばれる筋肉で調節しています。

 

一日中同じ姿勢でパソコンを見ていると毛様体筋が動くことなく固定してしまうので、いざ他の物を見ようとしても、毛様体筋の動きが鈍ってピントが合わなくなってしまうのです。

 

またブルーライトの強い光線が目に当たったままだと、相応のダメージを受けて毛様体筋の動きが鈍ります。

 

 

目がかすむ原因

 

目がかすむ原因の最も多くは白内障が挙げられます。

 

白内障

 

レンズが白く濁り、かすんで見えたり文字が見えにくくなったり、光のまぶしさを感じるようになる状態を白内障と呼び、60代以降に表れる加齢による症状です。

 

水晶体の中に存在する微細なたんぱく質が異常に発生し、徐々にレンズが濁ってしまい、進行すると失明に至ります。

 

白内障が進行する原因として挙げられるのが酸化ストレス。

 

卵の白身を加熱すると白くなり、元に戻らなくなります。

 

酸化ストレスとは熱を加えたり、ブルーライトや紫外線のような強い光線のダメージを受けたりすることで受ける細胞の変質です。

 

このほかはぶどう膜炎や糖尿病などの原因も考えられます。

 

もうお分かりかと思いますがピントが合わない、または目がかすむといったいずれの原因にも目の酷使で疲労が蓄積した状態である点にお気づきでしょう。

 

忙しく成果を求められる現代人ですが、一方で体はメンテナンス不足だとまったなしに病気を突き付けてきます。

 

ビジネス上でのいまいまの成果や達成感が必要なのは分かります。

 

けれど失って戻らないものがあるとしたら…?あなたは目の前の達成感のほうが欲しいでしょうか?

 

そうじゃない

 

と思えるなら、この先にお伝えする解説を見逃さずに完読してください。

 

 

ピントが合わない・目がかすむと表れる体の症状

 

ピントが合わない、目がかすむといった症状のほかに下記のような自覚症状が表れるのが一般的です。

 

よく知られている症状

 

まぶたが痙攣を起こす まぶたの筋肉が疲れて痙攣を起こす
肩や首の凝りが酷い パソコンに向かって同じ姿勢でいるほかは、ブルーライトによる目のダメージが視神経に影響し、それが脊髄に伝わり、肩や首付近にも影響をもたらす。具体的には筋肉の硬直、血行不良などの状態が起こる。

 

 

見落としがちな症状

 

頭痛・吐き気 首や肩の凝りが悪化すると、吐き気や頭痛へと進展していく。肩や首残りの悪化が吐き気や頭痛の場合もあるが、吐き気や頭痛が単体で起こる場合もある。
無気力 OA機器やスマホを使い過ぎで無気力となる場合は、目の疲れ以外にストレス過多となっている状態であり、脳の中の快楽物質であるセロトニンが枯渇して無気力となっていく症状。無気力のほかにうつや不安障害などが表れる場合が多い。
めまい

目の酷使によってめまいを起こす場合は、回転性めまいのほかは以下に挙げるほかの要因によっても引き起こされる。
回転性めまい
目がぐるぐる回るような感覚になる。目の酷使によって三半規管が不調になるのが原因。
浮遊性めまい
まっすぐに歩けなくなりふわふわと浮いているような感覚になる。目の酷使のほかは過労や生活習慣の乱れにより、自律神経が不調になっているのが原因。
立ちくらみ
視界が真っ暗になる。目の疲労のほか、貧血が考えられる。

 

 

以上に挙げた症状の背景にあるのは疑いもなく「目の疲労」にほかなりませんが、その目の疲労は筋肉の硬直と血流不足が根底にあります。

 

以下では筋肉の硬直と血流不足をさまざまな角度で改善する方法をご紹介します。

 

 

ピントが合わない・目がかすむときに試したい対策

 

ピントが合わない・目がかすむときに試したい対策は以下のようにいくつかあります。
筋肉の硬直を改善 

  • 目のエクササイズ
  • 蒸しタオル

 

血流不足の改善や活性酸素の除去

  • 冷えや代謝低下を招いている生活習慣を改善
  • 栄養価を補う

 

 

筋肉の硬直を改善する方法

 

 

目のエクササイズ

 

眼精疲労の原因の一つは目のレンズの厚みを調整する毛様体筋が固定されて動かず疲労がたまっている点を挙げていました。

 

目のピントが合わないのは毛様体筋が使われず、別なものを見ようとしたときに筋肉の動きがついていけないからです。

 

これは体の筋肉と全く同じ理由で、使わないと鈍るので「筋肉を鍛える」といった改善方法で行くわけです。

 

毛様体筋を鍛えるエクササイズは、下記のとおり。

 

眼球を下記のように動かせば毛様体筋は鍛えられる!

  • 右下→左上へ
  • 右上→左下へ
  • 右上→左上へ
  • 右下→左下へ
  • 左に眼球を寄せながら、上→下へ 下→上へ
  • 右に眼球を寄せながら、上→下へ 下→上へ
  • 時計回り
  • 逆時計回り

 

眼球をできるだけダイナミックに動かして可動域を広げることがコツです。

 

お昼休みや、夕刻、そして入浴しながらでもいつでも試せます。

 

 

蒸しタオル

 

目を閉じながら蒸しタオルをまぶたに乗せると、筋肉の硬直がほぐれる、のちに挙げる血流不足の改善につながります。

 

下のグラフは蒸しタオルによってピント調節が改善したデータです。

 

蒸しタオルによるピント調節改善1

 

蒸しタオルによるピント調節改善2

 

朝からずっとパソコン作業をする人が夕方にかけてピント調節力が落ち、蒸しタオルを当てた結果視力が改善、文字入力数も改善されています。

 

蒸しタオルはハンドタオルやフェイスタオルに水を含ませて硬めに絞り、端から丸めてレンジで約1分ほど加熱するだけで出来上がります。

 

粗熱を飛ばしてまぶたにあて、試してみてはいかがでしょうか?

 

過密にパソコン作業をしていた場合に、リフレッシュにもなります。

 

 

血流不足を改善する方法

 

毛様体筋が硬直すると、血流不足が必然的に起こります。

 

これについては冷えや栄養を補うといった方法でアプローチするのがよいでしょう。

 

 

冷えや代謝低下を招いている生活習慣を改善

 

一日中パソコンに向かっている場合、体の筋肉は使われていないので、この場合のビジネスマンは一般的に運動不足になりやすくなります。

 

冷えや代謝の低下が併せて起こりやすくなり、体の巡りが低下していきます。

 

できるだけ体を動かすように運動を生活習慣に組み込んだり、または入浴を長めにとったりするなどして巡りの改善を行ってみましょう。

 

 

栄養を補う

 

そして血流不足は目の組織のダメージを招き、ダメージを負った組織は活性酸素を発生させていきます。

 

紫外線が当たった皮膚はシミができやすくなることは誰もが知っていますが、それも皮膚の中で紫外線による炎症で活性酸素が発生しているからです。

 

紫外線だけでなくブルーライトに関しても活性酸素を発生させます。

 

多くの人は知らないままですが、実は筋肉の硬直よりも単純な血流不足よりももっと恐ろしいのが活性酸素による目のダメージです。

 

活性酸素は組織を破壊する威力を持つので、毛様体筋自体の筋力を落としてしまうのも当然と言えば当然なのかもしれません。

 

ピントを調節する毛様体筋が活性酸素によって破壊される

 

考えるだけでぞっとしますが、それだけパソコンやスマホから出るブルーライトの力は強力ということ。

 

目の周りには目の機能が正常に保てるように繊細な血管がめぐっています。これをケアするのは意識しないとできないことです。

 

また脳関門が常に制御して栄養素を脳に入れるかどうかを決定しており、脳関門を通過できる栄養素として報告されているのは以下の通り。

 

ピントの調節・目のかすみを防止するための栄養素

 

血流
促進

DHA

消費者庁が生活習慣病予防の各項目で効果があるとしてAランクの格付けを行っている。脳血流を促し、活性酸素を除去する貴重な栄養素。青身の魚などに含まれる。





 

 

ルテイン

水晶体に存在している。水晶体の老化をルテインの抗酸化力で抑制、またブルーライトの光をルテインが吸収するとも言われている。ブロッコリーなどに含まれている。

シアニジン

抗酸化の効果に優れるため、活性酸素の除去効果が認められている。ビタミンCと助け合って目の毛細血管や組織を健康に保つ作用も持つ。ブルーベリーや黒豆などに含まれる。

アスタキサンチン

活性酸素の除去効果に優れる。激流から生還してくる鮭の赤身の疲労や、疲労から生まれる活性酸素はアスタキサンチンで還元されている。富士フィルムが発売していることで有名なアンチエイジングコスメ・アスタリフトもアスタキサンチンを含んでおり、活性酸素から老化を守る目的で配合されている。また、医療用の成分としての活用も極めて多くなっている。

 

青身の魚、野菜、ブルーベリー、鮭…どれも意識しないと摂取できない食品に目のケアに有効な栄養素が含まれています。

 

もしあなたが少しでも将来の健康の不安なく「今できる対策をしたい」と考えるならば、それらの栄養素を死に物狂いで毎日摂取するかもしれません。

 

一日中パソコンを見たり、スマホをよく見たりするあなたにお聞きします。

 

目の前の仕事上の成果や、知りたい情報をすぐに見たい、友人とラインのやり取りが楽しい、これらは人間としてごく自然な行動のはずですが、眼精疲労を放置するとまったなしに目の不調を突き付けてきます。

 

放置してピント調節ができなくなる、目がかすんだままになる、本当にそうした状態を回避することに興味があるなら、この活性酸素の影響をもう少し意識してみてください。

 

もし…本気で、かつ効率よくそれらの栄養素を摂取したいと考えるならば、以下をご覧になってみてください。

 

 

効率を重視するビジネスマンが注目する目のためのサプリメント

 

DHA、シアニジン、ルテイン、アスタキサンチンそれらがすべて効率よく摂取できるサプリメントを以下でご紹介します。

 

気になった方は下記をクリックして確認してみてください。

 

 

 

まとめ:できるビジネスマンは自己管理も労わりも忘れない

 

結果と時間との戦いを迫られる優秀なビジネスマンほど自己管理が重要であるのは、ここまでご覧になったあなたはよくわかっていると思います。

 

自身の健康を顧みず、仕事に没頭してきた今までは、仕事の観点からすれば最高ににかっこいいです。

 

けれどそれで目をだめにしては、せっかくの成果も継続するのは難しいです。

 

これからも優秀なビジネスマンであり続けるために、今できることを手にしてください。

 

目のピントやかすみを改善するきっかけ:
【ファンケル】通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!