このページの先頭へ

女性の薄毛治療 | 女性ホルモンバランスコントロールの専門家による解説

女性の薄毛治療 | 女性ホルモンバランスコントロールの専門家による解説

女性の薄毛治療に関して解説しています。いまでは女性の薄毛が急増しており、女性の薄毛治療を専門としたクリニックも増えています。

 

切実でナイーブなお悩みですので、ここでは結果を出すことを目的として女性の薄毛治療で行われる内容や、人気のクリニック、そして薄毛ケアに不可欠なポイントを重要な点に絞って解説しています。

 

執筆者:薬学の専門家 雨宮悠天

 

頭頂

 

女性の薄毛が増えている原因

 

男性だけが薄毛になっていく時代はもはや過去になりました。女性に薄毛が増えている主な原因は2つ。

 

女性に薄毛が増えている原因

  • 女性ホルモンバランスの乱れ
  • 毛周期の乱れにより、うぶ毛から成熟した毛へと成長できずに「生えたそばから抜け毛が発生」。髪全体にボリュームが無くなっていく

 

さらに女性に薄毛が増えていく2つの原因に拍車をかけているのが以下の生活習慣にまつわる要因です。

 

女性の薄毛を悪化させている要因

  • ストレス
  • ダイエットによる栄養不足(毛周期を正常にするだけの栄養が足りない)
  • 冷えや自律神経の乱れによる血行不良(血流低下)

 

女性に薄毛が増えていく原因を個々に挙げていますが、これらは全て互いに影響を与え合ってその状態を悪化させているのですね。

 

 

ホルモンバランスと薄毛の関係

 

女性ホルモンのうちエストロゲンは毛髪を育てる役割があり、健康的で若々しい髪を保つためには良好なホルモンバランスが欠かせません。

 

 

エストロゲンと薄毛の関係

 

エストロゲンと髪

  • しなやかで弾力のある頭皮に欠かせないコラーゲンの生成を促し、髪が生える土台をつくる
  • 毛母細胞を分裂させたり増やしたりする(簡単に言うと発毛に関わる)
  • 血管を拡張させて血行を促すので、その結果頭皮に栄養が取りこまれやすくなる

 

女性ホルモンバランスの乱れは女性の薄毛に最も影響を与えやすく、特に閉経後の女性はエストロゲンが急激に減って男性ホルモンの割合が増加して行きます

 

男性ホルモンは毛根を破壊して下のような毛周期の乱れを生じさせます

 

毛周期の乱れで薄毛になるってどういうこと?

 

髪の毛が生えるサイクルには大きく分けて成長期、退行期、休止期とあり、健康的でつやのあるしなやかな髪を育てるには成長期ができるだけ長いのが理想的です。

 

エストロゲンは成長期の毛母細胞を活性化させる働きがあるので、髪の育成・成長には良好な女性ホルモンバランスが必須となります。

 

これが閉経を期にエストロゲンが減っていくと、自然と毛周期も乱れやすくなるのです。

 

■正常な毛周期■

成長期 ⇒ 退行期 ⇒ 休止期

 

 

男性ホルモンと薄毛

 

女性ホルモンバランスの乱れを悪化させる要因の1つはストレス。女性がストレスを感じると交感神経が高まってアドレナリンが増えます。

 

アドレナリンは男性ホルモン・GHT※の分泌させ、ストレスに対処するために分泌されるストレスホルモン(コルチゾール)も男性ホルモンを促すように働いています。
※ジヒドロテストステロン

 

 

血流・栄養の不足

 

またそもそも髪の毛は頭皮から栄養をもらって育ちます。頭皮に栄養を運ぶのは血液に他ならず、栄養・血行とも不良でかつ男性ホルモンの増加によって引き起こされた毛周期の乱れが加担すると、ようやく生えたうぶ毛が成熟した毛へ成長できません。つまり「うぶ毛のまま抜け毛」になるケースが増えるのです。

 

結果的に頭全体の髪の毛が薄くなる「びまん性脱毛症(女性男性型脱毛症)※」が起きやすくなります。いまや女性専用の育毛剤や薄毛治療クリニックを活用する女性の数も増え続けている中、誰もが他人事でなくなっているのかもしれません。

 

※びまんせい脱毛症は髪の毛が痩せ細り、頭皮全体の毛髪が薄くなってボリュームを欠く状態を意味しています。
一方女性男性型脱毛症(femail AGA:FAGA)とは、ホルモンバランスや毛周期の乱れに、生活習慣の蓄積などが拍車をかけて生じる女性の薄毛状態を意味しています。
薄毛の診療を行う医師達はびまん性脱毛症と女性男性型脱毛症の二つの言葉を同じように用いることが多いようです。

 

抜け毛

 

 

女性の薄毛治療

 

薄毛治療のクリニック女医

 

薄毛治療は病気とはみなされていないために保険適用とはなりません。(円形脱毛症と診断された場合は保険適用内で治療できる)このため薄毛治療でクリニックに通院するとしても、全額自己負担です。

 

ストレートに現実的な話をしてしまうと「育毛剤を使っただけで簡単にフサフサになりました。」などと言っている情報を鵜呑みにしないほうが無難です。

 

以下のように育毛剤だけで薄毛ケアを行おうとすると数年間を要します

 

 

費用

効果

精神的負担

クリニックの薄毛治療

高額 効きが鋭い エビデンスが明らかで精神的負担が減る

育毛剤などによるケア

リーズナブル 数年間必要 数年間続けられるだけの信念が持てず挫折しがち

 

薄毛ケアにおいては効果がなかなか感じられない方法をずっと続けられるだけの根気は継続しにくいものです。クリニックでの治療や生活習慣の見直しなどを併せて行い、トータルに改善して行けば効果が期待できると考えるのがよいのではないでしょうか。。

 

まずはクリニックで行われる薄毛治療の内容がどういったものかを解説します。

 

 

クリニックで行われる薄毛治療:まず始めにカウンセリングと診断

 

マイクロスコープで頭皮や毛髪を見て、活動を休止している毛根細胞の状況を診断します。

 

マイクロスコープで見た頭皮

健康な頭皮はどちらかというと青白い

 

また血液検査でホルモンの状況を調べ、男性ホルモンの値が異常に高くなっていないか、そして女性ホルモンバランスの状態もトータルで見て発毛を阻害している要因を特定、患者さんからヒアリングした薄毛治療の希望を元に治療の方向性が決められていきます。

 

診察・診断が終わったら、クリニックスタッフなどから費用の説明が行われるはずです。以下の点に注意して話を聞くとよいでしょう。

 

  • 薄毛治療にはローンを組む必要があるのか?
  • その都度払いができるのか?
  • コースで治療を受けるとしたら、追加費用がかかるケースはあるか?

 

クリニックでの薄毛治療はそれなりの費用が必要ですので、ある程度覚悟をして望む必要がありそうです。

 

 

クリニックで行われる薄毛治療:①頭皮に直接有効成分の注射を打つ

 

薄毛が気になる箇所から優先的に有効成分を注射で打っていく方法は、望んだ局所に有効成分を効かせることができるます。

 

頭皮に注射される薬剤の主な種類とその副作用および費用は次のとおり。

 

薄毛治療における頭皮注射に使用される主な薬剤

  • ミノキシジル:血管拡張剤
  • 発毛促進因子:毛母細胞を活性化させる情報伝達物質(簡単に言うと発毛そのものにかかわる)

 

頭皮注射の副作用

  • かゆみ
  • 頭痛
  • 体全体の体毛が濃くなる

※副作用は個人差あり。必ず副作用が起きるわけではありません。

 

最近はノンニードルメタセラピーと言って痛みが少ない注射の薄毛治療も増えています。

 

薄毛治療における頭皮注射の費用目安

1回7万円程度

 

 

薄毛治療で頭皮注射を行うと決して安い金額ではございませんし、数回分の費用を見込む必要があります。

 

費用負担を軽くする方法としては次の薬物治療が挙げらえます。

 

 

クリニックで行われる薄毛治療:②薬物治療

 

女性の薄毛治療で処方されるのは以下の薬が主流となっています。

 

 

薄毛治療薬

■ミノキシジル

 

ごく最近の女性の薄毛治療薬には血圧降下の薬として使用されてきたミノキシジルが処方されることが多くなっているようです。

 

ミノキシジルは血管を拡張させて頭皮の血流低下を緩和し、かつ血管が拡張されることで頭皮に必要な栄養素が運ばれる見込みも増えます。

 

費用の目安:一月分およそ8000円程度+診察料=一月およそ一万円程度

 

 

■パントガール

 

パントガールはドイツで開発された薄毛治療薬で、70%が改善を実感するといいます。

 

パントガールに含まれる成分は以下のとおり。

 

  • ビタミンB1
  • パントテン酸カルシウム
  • ケラチン
  • シスチン
  • 薬用酵母
  • パラアミノ酸安息香

 

費用の目安:一月分およそ8000円程度+診察料=一月およそ一万円程度

 

 

上に挙げたのは飽くまで一部の薄毛治療薬です。単剤よりはミノキシジルのような血管拡張薬とパントガールのように毛髪の栄養となるような薬を併せると効果を発揮しますので実際の薄毛治療における処方は複数の薬の組み合わせが多くなっています。

 

薄毛治療を薬で実践するには月額約3万円前後の費用を要するようです。(飽くまで平均的な相場)

 

薬物療法は注射による治療よりも割安で、基本薬を毎日飲み続けるのみで継続しやすいと言えるでしょう。

 

 

ヘッドスパ

 

ヘッドスパ

 

薄毛治療専門のクリニックでは注射や薬物治療による方法のほか、完全私費診療としてヘッドスパも行ってくれるケースもあります。

 

原因の解説でお伝えした通り女性の薄毛が増えているのは血流不足が大いに関わっており、ヘッドスパで頭皮をマッサージすると次のような効果が期待でるのです。

  • 頭皮の中にできた空間の中に血液が流れ込んで血流が生まれる
  • 水を含ませたスポンジを押して手を離すと水が周りにこぼれてまたスポンジに戻るように、頭皮マッサージで血流が生まれる

 

薄毛治療のクリニックで行われるのは頭皮の筋肉の走行を知り尽くしたヘッドスパであり、発毛に有益な成分が使用されているので、注射や薬物治療と合わせて行うと有用でしょう。

 

 

女性専用薄毛治療を行ってくれるクリニック

 

女性が薄毛治療のクリニックを探す場合は「女性専用」を探すのをおすすめします。男性と一緒の薄毛治療に行きたいと思えますか?一緒だと気が引けてしまうし、男性型脱毛症(AGA)とはやはり違います。

 

また、下記のように皮膚科と頭髪専門外来とでは検査や診察の方法、処方される薬まで異なります(参考にクリニックではない育毛サロンも挙げます)。

 

  頭髪専門外来 皮膚科 育毛サロン(非医療施設)
検査
  • マイクロスコープ
  • 血液検査
  • 遺伝子検査
  • ミネラル検査

など

飽くまで皮膚に対する一症状として薄毛を診るにとどまる

マイクロスコープなど

 

※一部血液検査や遺伝子検査などを外部委託している場合もあるが、医師の診断とは異なる。

頭皮注射 × ×
処方薬
  • ミノキシジル
  • パントガール
  • スピノラクトン
  • ビタミンや亜鉛など
プロフェシア

×

 

※サプリメント

通う頻度

月に1回程度

月に数度

コスト 高め プロフェシアの費用として月に1万円程度 高め

 

ローンを無理やり組ませようとするようなクリニックも中にはございますので、飽くまで良質なクリニックを自己判断されるのをおすすめ致します。

 

目的は薄毛を克服して精神的な負担から解放されて明るく人生を過ごす点にあるはずです。その目的にローンが必須かどうかは別ということ。

 

 

また初診やカウンセリングも費用が必要なクリニックはございますが、中には無料でカウンセリングを行ってくれるクリニックもございます。

 

下記では主要都市で薄毛治療を行ってくれるクリニックを紹介していますので、気になった方は下をクリックして詳細をご覧ください。

 

 

薄毛ケアとして役立つ生活習慣の見直しポイント

 

女性が薄毛になっていく原因は冒頭でお伝えした通り一つではありません。鏡合わせのように女性ホルモンの乱れと毛周期の乱れが関わっており、かつストレスによる男性ホルモンの増加や、栄養・血流不足が薄毛を悪化させていきますしています。

 

つまり生活習慣が関わる一つ一つの要因をできる範囲で見直していくことで「やらないよりは望んだ結果」が得られる見込みが増えるでしょう。

 

ここで有効になる女性の薄毛ケアとして有効な生活習慣の見直しポイントは以下のとおり。

  1. イソフラボンサプリで効率よく女性ホルモンバランスを整える
  2. 女性専用育毛サプリを活用する
  3. 育毛に有効な栄養成分を効率よく摂取する
  4. 血行を促すシャンプーを活用してみる
  5. カラーリングを止める

 

 

イソフラボンサプリで効率よく女性ホルモンバランスを整える

 

女性なら大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのような働きをする作用を持っているとご存知でしょう。

 

イソフラボンはエストロゲンと似たような形をしており、エストロゲンのおよそ1/100~1/1000程度の発現性を持っていると言います。つまり植物性のエストロゲンということです。

 

イソフラボン

 

しかし残念ながら一般的な大豆加工食品ではうまくイソフラボンが体内で有効活用されません。

 

その理由として挙げられるのは大豆加工食品に含まれるイソフラボンの大きさ。このイソフラボンには大きな糖がくっついており、腸管での吸収がわずか2割という吸収効率の悪さをもたらしてしまっています。

 

糖がくっついていていないタイプのイソフラボンは大豆の胚芽部分に含まれるアグリコン型と呼ばれています。

 

 

腸管での吸収が8割のイソフラボン

 

以下が腸管での吸収が8割のイソフラボンを凝縮させたイソフラボンサプリメントです。

 

イソラコン

 

大豆食品による薄毛ケアを延々と効果がなかなか上がらないと続けるのは辛いものです。

 

効率を挙げて効果が少しでも感じられるようでしたら、長期戦の薄毛ケアも継続できるのではないかと思います。

 

 

上に挙げたのはイソフラボンに特化して女性ホルモンバランスを整えるサプリメントですが、ほかには薄毛ケアとしてバランスよく栄養成分を含んだ育毛サプリもあります。

 

気になったら下記をクリックして詳細を確認してみて下さい。

 

 

バランスよく栄養成分を含む女性専用育毛サプリを活用する

 

薄毛ケアに有効な栄養成分

  • イソフラボン
  • コラーゲン
  • シスチン毛髪に有効な20種類のアミノ酸
  • 亜鉛などのミネラル
  • ビタミンB群およびその他ビタミン類

 

薄毛ケアに有効な成分が揃った女性専用育毛サプリメント

大学研究室から生まれたびボリューム不足のためのヘアドルーチェ

 

 

注意点

なお、女性専用育毛サプリもイソフラボンサプリも、エストロゲンのような機能性を持った植物性エストロゲンと呼ばれています。
注意してほしいのが閉経を迎えていない女性です。
ここでご紹介したサプリメントは急激に女性ホルモンバランスを変えないようなサプリメントですが、薄毛ケアをしたい女性が避けなければならない類似品もあります。その例がプエラリアミリフィカ。
プエラリアミリフィカも女性ホルモン様の機能性を持つとされている成分の1つで、豊胸目的で売り出されているサプリメントが横行しています。
しかしこれは長期的に摂取した場合のリスクが十分に計測されていない危険性の高い成分ですから、薄毛ケアの目的では絶対に摂取を避けてください。
消費者庁に被害が2017年現在で月経不順や生理が止まったなど300件近く殺到していおり、ここでは摂取している限りいいことはない、とお伝えさせていただきます。

 

 

頭皮マッサージと血行を促すシャンプーを活用

 

薄毛ケア

 

「正直言って育毛シャンプーは効果が無い」と感じる人が圧倒的に多いものの、一方で薄毛ケアに好条件な髪の洗い方をしている人はそんなに多くはありません

 

せめて薄毛ケアに好条件な髪の洗い方やシャンプーの中の有効成分を知っていれば、継続してそれなりの効果が期待できると考えられます。

 

薄毛ケアに有効な髪の洗い方:頭皮を指の腹でマッサージ・洗うのは髪の毛ではない

 

洗髪では髪の毛よりも頭皮を意識するのがポイント。5本の指の腹をすべて使って頭皮が動くくらいにマッサージします。

 

すると前述したように頭皮の中に空間が生まれて血流が流れ込み、マッサージで動かされた頭皮が元に戻ったときに再び血流が起こります。

 

基本の頭皮マッサージはこのように行いますが、より効果を効かせたいならば女性専用育毛シャンプーを使用するのがいいでしょう。

 

言ってみれば頭皮に血流を起こすマッサージと、血行を促進し、髪の毛の栄養となる成分を育毛シャンプーで補うという訳です。

 

 

薄毛ケアとしてのシャンプーを活用する

 

ここでの薄毛ケアとしておすすめのシャンプーは、大人の女性の本当の願いに寄り添う本質的なシャンプーです。一度ご参考にご覧になってみて下さい。

 

【豊かなミネラルから生まれたエフキュア】

 

 

カラーリングを止める

 

カラーリング

 

正直に言います。カラーリングをしているとしたら今すぐ止めるのをおすすめします。カラーリング剤は頭皮を痩せ細らせ、がん細胞を増やす破壊力のある極めて危険な成分です。カラーリング剤を日常的に扱う美容師は実はガンの罹患者が極めて多いというアメリカの報告もあるほど。

 

薄毛治療を使用としているならばカラーリングとはサヨナラして、どうしても白髪などをカバーしたい場合はヘナなどの素材を活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

以上が薄毛に有用と考えられる生活習慣上の見直しと具体的策でした。
一度にすべての生活習慣をみなおして三日坊主になるよりは、手始めにできるポイントから実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ:女性の薄毛治療は長期間にわたるトータルケア

 

女性の薄毛治療や生活習慣の見直しのポイントをお伝えしてきました。

 

一昔前、女性誌ではモデルが全身ブランド服に身を包んだページばかりが並んでいましたが、今どきは薄毛ケアがストレートに伝えられているように「薄毛ケアが一般的」な時代になっています。

 

現代女性にここまで薄毛が増えている原因は、女性ホルモンと毛周期の乱れ、およびストレスによる男性ホルモンの増加・栄養・血流不足が相互に影響をもたらしあっている点に集約されます。

 

長年積み重なった結果起きている状況ですので、長期戦・効率重視で薄毛ケアを行うのが大切です。

 

効果が見えない薄毛ケアは意識を低下させ、いつの間にか自信を喪失する事態も招きかねません。まずは現状を知って適切な薄毛治療やケアからはじめましょう。

 

 

執筆者情報:薬学の専門家 雨宮悠天

 

医師や製薬会社より女性疾患予防のセミナーの依頼を継続的に受けて女性ホルモンバランスコントロールのポイントを伝える活動を行う。

 

堀江貴史氏や元米国大統領ビルクリントン氏が登壇した世界のプレゼンテーションの場TEDXで英語によるヘルスケアのプレゼンテーションの依頼を連年受ける。

 

自信が女性ホルモンのアンバランスにより20年ほど月経不順だった経験から、イソフラボンなど植物エストロゲンによる女性ホルモンバランスコントロールのノウハウを構築した。