このページの先頭へ

更年期に飲みやすい漢方を・辛い毎日を明るく照らす秘密は高麗人参

更年期に飲みやすい漢方を・辛い毎日を明るく照らす秘密は高麗人参

漢方

 

更年期がつらいと感じている女性に飲みやすくて効果がある漢方を解説しています。

 

中医学の説明って難しい、漢方って苦くて続けられない、でも婦人科のホルモン補充療法は抵抗がある・・・

 

こんなことを感じているならば、これを読むと更年期に漢方がなぜ有効なのかがわかりやすくなりますので、最後まで有効な情報を見逃さずにご覧ください。

 

おすすめの飲みやすい高麗人参のサプリメントもご紹介していますよ。

 

>>すぐに高麗人参の効果を知りたい人はこちら

 

>>おすすめの高麗人参のサプリメントをはじめに見たい人はこちら

 

高麗美人

 

執筆者情報:薬学の専門職療法家雨宮悠天 

雨宮悠天

堀江貴文氏やビルゲイツ氏、ミッシェルオバマ氏が登壇するtedxにてプレゼンテーション・登壇する。医師や製薬会社の依頼で講演を行うなど、質の高さとわかりやすい解説で高評価を得ている。療法のスタンスは確証性の高い科学的根拠や実際の療法実績に基づき、自らの位置づけを体の悩みを抱える人の道案内人とする。壮絶な体調不良が治癒しなかった経験から、医療の位置づけを「必須の応急処置」とし、体の復古に「身体の自然治癒力と均衡を保つ力」が重要であると痛感。この体験から自ら経営するサロンでも多角的なアプローチを取って日常生活に支障が少ない寛解へと導くのを日々のライフワークとしている。

 

 

年齢的に更年期かもけれど億劫…何歳から意識すればいいの?

 

更年期ではさまざまな不調が40代半ばから50代にかけて訪れます。生殖器から老年期に移行するまでを更年期と呼び、エストロゲンの分泌が低下するにつれてそれまで感じなかったような不調を感じるようになっていきます

 

人によって何歳で更年期が訪れるのかは個人差があり、辛い不調を抱える人がいる一方で何もなくて平気だという人もいますよね。ですからついつい…「更年期なんて億劫、苦しんでいるの私だけじゃないの?」などと思ってしまう女性も多いのです。

 

しかし知らないから難しく思えたり億劫に思えたりするだけ、まずは更年期の代表的な症状をおさらいしてみましょう。

 

 

更年期の症状

 

高麗美人

 

下の表は更年期の症状としてどんな不定愁訴を感じているか、を調査したものです。

 

更年期の代表的症状

出典:日本婦人科雑誌

 

肩こり・疲れ・頭痛・のぼせ・腰痛・ホットフラッシュ(発汗異常)・不眠・寝起きの悪さ・イライラ・肌荒れ・気分の落ち込み・動機・めまいなど更年期障害の症状は多岐にわたります。

 

落ち込む女性

 

しかし我慢しても辛さは変わりませんので、さまざまな不定愁訴が現れる原因をはっきりさせましょう。

 

 

更年期障害の原因

 

高麗美人

 

更年期が訪れる女性はエストロゲンの分泌が低下しています。

 

ホルモン分泌の変化

 

多くの女性があまりよく知っていませんが、エストロゲンは月経を起こさせたり女性らしい体つきをつくるために働いているわけではなく、体中の機能が正常に働くように多くの器官に働きかけているのです。

 

エストロゲンが低下していくことで更年期障害となっていくのは、次の「エストロゲンが分泌されるメカニズム」の中にあるように、視床下部がホルモンと自律神経の司令塔となっている点が最大の原因と考えてよいでしょう。

 

エストロゲンが分泌されるメカニズム

 

視床下部‐脳下垂体‐卵巣

 

視床下部ホルモンと自律神経の司令塔
更年期ではエストロゲンが低下する影響で自律神経の乱れも起き、自律神経失調症状として先に挙げたさまざまな不定愁訴が現れやすくなる。

脳下垂体
視床下部からの司令を受けて卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンを分泌する

卵巣
エストロゲンとプロゲステロンを分泌する

子宮
エストロゲンとプロゲステロンの影響を受けて血液の内膜をつくり、月に一度剥がれ落ちる (生理)

 

エストロゲンの分泌が低下し、その分泌の司令塔である視床下部が影響を受け、自律神経の調整機能も狂い始める例は過激なダイエットでストレス過多になり自律神経がダメージを負い、無月経になる若い女性にも当てはまります。

 

高麗美人

 

それではエストロゲンが低下する影響で自律神経が体の各器官にどう働きかけているかも見てみましょう。

 

 

自律神経の仕組み

 

下の図は交感神経と副交感神経が互いに働いて体の各器官のコントロールをしている自律神経の仕組みを表しています。

 

自律神経

 

心拍・汗腺・胃腸・末梢血管や脳血管・生殖系などがしかるべきタイミングで正常な働きをするように調整するのが自律神経の役割で、例えば朝になると体内時計で目覚めるのも自律神経が正常に働いている証拠です。

 

これら自律神経が調整している各器官は、次のように更年期障害の症状と紛れもなく因果関係の照らし合わせができるといえるでしょう。

 

■自律神経の司令を受ける各器官と更年期症状の関係性

 

体の器官や機能 更年期障害の症状
心拍 動機
汗腺 発汗異常、ホットフラッシュ、のぼせ
胃腸 胃もたれ
末梢血管 肩こり、冷え、代謝の低下
脳血流 気分の落ち込み、イライラ
自律神経 疲れやすさ、不眠、寝起きの悪さ

 

もうおわかりになったと思いますが、つまり更年期障害の原因は
「エストロゲンの分泌低下が引き金となり、自律神経バランスに影響が表れる」
といった点に尽きるんですね。

 

高麗美人

 

この点に併せ、エストロゲンはお肌のツヤやハリを保つために働きかけているので、更年期に一層エイジングを感じやすくなるのは自然です。

 

更年期という女性にとっての人生のターニングポイントが強制的に不調をもたらすので、女性はこの不意打ちに心の整理がつかないままが多いのも当然。

 

ここから先は更年期を明るく照らすシンプルな改善策を解説します。

 

 

漢方が更年期にいい理由はバランスの欠如を補ってくれるから

 

高麗美人

 

漢方

 

「エストロゲンの分泌低下が引き金となり、自律神経バランスに影響が表れる」

 

こうした原因が発端となり更年期障害では、体内のバランス調整に優れる漢方が効果を発揮しやすいです。

 

インフルエンザのようにウイルスが原因の症状では、ウイルスを撃退する西洋医学の薬が即効的に効果を発揮してくれます。西洋医学は病名が分かれば同じ薬を処方して対処します。

 

一方、更年期障害の場合はウイルスのような悪者を死滅させればいい訳でもなく、バランスの欠如にあります。

 

更年期のケアで必要なのは、バランスの欠如が招く不調の立て直しの作業といった意味合いが強くなるんですね。

 

漢方薬を処方する中医学では、病名ではなく「体質が出来上がった原因」に対してどんな薬がいいのかを決定します。

 

更年期障害は実に多様な症状が現れるので、どんな改善策を取るのが正解なのか迷うところも多いと思いますが、エストロゲン減少の影響を受けた自律神経のアンバランスが原因という根本的な点に焦点を当てれば、一つ一つの症状に対処せずに効率的なケアができると考えられるでしょう。

 

つまりさまざまな症状が現れる更年期障害では、原因をもとに処方する漢方が効果を発揮しやすいのです。

 

 

漢方と中医学は難しい、でも興味があるあなたへ

 

高麗美人

 

更年期にいい漢方はないかな…と思う女性は多いものの、

 

 

漢方の考え方って難しい!苦くて続けられない…昔別な症状で飲んだことがあるけれど微妙だった

 

 

などと続けられる女性は極めて少ないものです。確かに現代の病院での治療や薬とは考え方も飲んだ味も異なる漢方、更年期を改善するために特別なことなのでしょうか?

 

どっちかわからない女性

 

答えはNO

 

白い薬と違うからと言って何も難しく考える必要はありません。以下では漢方を飲む際のちょっとしたポイントをお伝えしようと思います。

 

 

「原因に対して処方する漢方」って何? その考え方の基本

 

高麗美人

 

普通私たちが病院で処方してもらう薬は診断名によって確定されます。

 

のどの炎症と診断されれば、原因が風邪であろうと喋りすぎであろうと同じ薬が処方されます。

 

一方漢方は中医学の「気血水」といった概念が基本となり、症状が起きた背景と原因に焦点を当てて処方されます

 

気血水

出典:日本中医学研究会

 

気

 

気は元気・やる気・気力など精神的な健全さを言います。

 

◆気の低下が起きた状態
だるい、落ち込み、意欲低下、自信の欠如など

 

血

 

血は血液の巡りや健やかさを意味します。

 

◆血の低下が起きた状態
肩こり、目の下のクマ、貧血、冷えなど

 

エストロゲンが低下するとコレステロール値や中性脂肪値が高くなるケースが多くなりますが、これも血液ドロドロを招き、血の巡りを低下させる要因に当てはまります。

 

水

 

水は体液循環・リンパの流れの正常さを言います。

 

◆水の機能の低下が起きた状態
めまい、頭痛、むくみ、下痢(水を含んだ便が出る)、便秘(水分不足の硬い便)

 

特にホルモンは血液を介して全身に供給されるので、血液の巡りの低下は更年期障害を悪化させる要因になります。

 

もうお気づきになったと思いますが、気血水それぞれの考え方を掛け合わせると、更年期で課題となるバランスの欠如をうまくカバーできるんですね。

 

血と水がスムースに巡り、体全体の機能がうまく回りだします。

 

すると精神活動をつかさどる気の状態もよくなり、元気で活動的な毎日が送れるようになります。

 

気血水の考え方=漢方の基本的な概念を取り入れたならば、どこでバランスを取ったらいいのか迷いがちな更年期の症状が上手にカバーできるようになります。

 

更年期ではこのほかに免疫の低下が顕著になり、帯状疱疹※など非常に厄介な疾患が発生するケースが高まります。

 

免疫の要となるのは血液とリンパの流れの健全性にあり、ほかの病気を寄せ付けない健常で元気な体を保つ予防の意味でも気血水の考え方を更年期で取り入れたいものです。

 

 

※幼少のころに感染する水痘ウイルスが長期間潜伏し、更年期の免疫力の低下が起きた時にウイルスが活発化して帯状疱疹となっていく。

 

 

高麗人参の効果

 

高麗美人

 

高麗人参

 

高麗人参は中国で3000年上昔から更年期世代の女性たちに処方されてきた漢方ですが、実は更年期にどのように効果があるのかはあまり知られていませんでした。

 

高麗人参Panax ginseng C.A.MEYER;はお種人参とも呼ばれ、代謝の改善・末梢循環の健全化・消化機能の向上・免疫のバランス調整に優れ、そして中枢神経を刺激する効果から精神的な幸福感をもたらすとして知られています。

 

高麗人参に含まれるジンセノサイドと呼ばれる成分が更年期の多様な症状を改善するのではないかと考えられていましたが、ごく最近になって体内で効果を発揮するメカニズムが解明されています。

 

高麗人参に含まれるジンセノサイドのゆくえ・更年期に高麗ニンジンの効果が発揮されるまで

 

腸に吸収されてから、ジンセノサイドが腸内細菌の餌に

腸内細菌がジンセノサイドを餌にして、代謝産物に変化

腸管吸収されたのち器官や組織内で脂肪酸と化合

脂肪酸と化合することで体内に有効活用される状態となる

 

体内に入って高麗人参に含まれるジンセノサイドが腸内細菌の餌になる点がポイントです。

 

高麗美人

 

そのあとに以下のような効果が発揮されます。

 

高麗人参の更年期障害ケアに期待できる効果

高麗人参の効果

更年期障害へのケアに期待できる効果

体力の回復 心身のパフォーマンスの向上、疲れやすさの改善
多幸感 落ち込み、イライラ、意欲低下の改善
精力減退の改善 ここに説明文を入力
血糖値・血圧の調整 低血圧・低血糖の改善を含む
血行促進 冷えや末梢循環の改善、目の下のクマの改善
たんぱく質の合成 筋力の強化
免疫強化 風邪をひきにくい、がんの予防
代謝の向上 脂肪の燃焼を促し、肥満を予防
皮膚のエイジング効果 コラーゲン生成(ハリと弾力)、メラニン生成の抑制(シミ)、アトピーをはじめとしたアレルギーの改善

参照:Myung-Sunny Kim

 

高麗美人

 

また、以下より精神面に働きかけ更年期特有のイライラや落ち込み、意欲低下などが改善されていく点についても解説します。

 

ストレスに対する抵抗力を強化する薬草・アダプトゲンハーブの高麗人参

 

高麗美人

 

更年期障害の原因が自律神経のアンバランスによる部分が大きいのですが、落ち込みやイライラ、意欲低下など精神的な症状がなかなか解決しない点だと考えられがちです。

 

高麗人参はストレスに対する抵抗力を強化する薬草・アダプトゲンハーブと呼ばれており、ニコライラザレフ博士は体に有害で負荷をかける要因に対して、体の抵抗力を高めることで打ち勝つと説明しています。

 

つまり抵抗力を強めて病気を寄せ付けない体にしていく効果に優れているのが高麗人参をはじめとしたアダプトゲンハーブです。

 

アダプトゲンは前述したホルモンと自律神経の中枢である視床下部を含み、下垂体、副腎系(ストレスに対するホルモンを分泌する)の連携を正常化する効果があり、現代医学の不得意領域である自律神経のバランスを調整するうえで極めて有効な手段なのです。

 

高麗美人

 

参照:Metabolic activation of ginsenoside against cancer : Intestinal bacterial deglycosylation and hepatic fatty-acid esterification

 

いかがでしたでしょうか?高麗人参が更年期のケアに有効な効果がある側面を解説しました。

 

心身両面に働きかける作用に優れた漢方である高麗人参は精神・肉体面で辛い症状が現れる更年期に有効なので、家事・趣味・ご友人との楽しい談話などがやりたいときに好きなことができるベースが整うのですね。

 

つまり、それぞれの症状ごとにあれこれといくつものヘルスケアを実践する必要がないので、効率的に更年期のケアができるというわけです。

 

 

高麗美人

 

漢方は次で解説するようにじっくり効果を発揮する性質を持ちますので、普段の白い薬とは異なり、あまり即効性を期待しないようにしましょう。

 

 

漢方の効果の表れ方

 

高麗美人

 

漢方茶

 

病院で処方される白い薬は1成分だけの単一成分が症状にシャープに効果を発揮します。一方漢方は薬草であり、多様な成分が含有されています。トマトの有効成分としてリコピンは有名ですが、ほかにはビタミンやミネラルなども含まれているのと一緒です。

 

このため漢方は白い薬のように鋭い効果は発揮されませんが、効果の表れ方としては2週間から1ケ月くらいすれば不調が徐々に改善される実感が湧いてくると考えられています。

 

更年期に飲みたい漢方として挙げた高麗人参についても、体のバランスを調整するために服用からじっくり時間をかけてさまざまな器官や細胞が互いに助け合って機能を修復しだします。

 

バランスの回復は一つの臓器や器官をターゲットに限定するのではなく、体内のさまざまな機能の調和といった点に目標がありますので、ある程度時間が必要です。

 

高麗美人

 

病院で処方される白い薬はバランスの回復が苦手分野ですから、これがよく婦人科外来で漢方薬が処方される理由となっています。

 

 

高麗人参の副作用

 

飲みやすい高麗人参として食品の分類になるサプリメントを挙げていますが、生薬である高麗人参には副作用がいくつか報告されています。

 

生薬としての高麗人参の副作用

頭痛、下痢
Ginseng for managing menopause symptoms: a systematic review of randomized clinical trials

 

しかしさまざまな口コミサイトを見てみると、好転反応だったと実感する人もおり、体質が改善する途上で副作用が出たとも考えられます。

 

この点では返金制度のあるサプリメントだと安心して飲める気がします。

 

 

漢方は苦くて続けられない?

 

サプリメントと言えど高麗人参は生薬なのだから苦くて飲みにくいのでは?と心配される方もいらっしゃるかと思います。以下でご紹介する高麗人参のサプリメントは100万袋販売されているだけあり、苦くて飲み続けられないといった声が見当たりませんでした。

 

高麗美人

 

 

ホルモン療法に抵抗がある人こそ漢方を試してみよう

 

高麗美人

 

ホルモン補充療法

 

婦人科医は更年期障害を見過ごすことなく、もっと気軽に病院に来てほしいと思っています。

 

しかし一般の女性の多くは更年期障害が病気だとは思っていないので、病院に行こうとは思っていません。ホルモン補充療法は女性疾患のリスクを高めるなどの説もあり、どうも病院での治療が思わしくないように思える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

婦人科医の多くが考えるように更年期障害を過信せずに受診し、現状を知るだけでも有益です。

 

とはいえ日常的に更年期障害が比較的軽症で、でも我慢するところはあるし、辛いとも思っている、こんな女性は気軽に飲める高麗人参を試してみるのがいいのではないでしょうか?

 

高麗美人

 

 

飲みやすい高麗人参を続けて飲んでじっくり更年期のケアをしよう

 

高麗美人

 

高麗美人

 

更年期は煩わしいと考えられがちですが、多くは不意に不調を余儀なくされ、あまりよく知らなかった更年期をネガティブに捉えがちになるだけなのではないでしょうか?

 

症状が多岐にわたるのでどんな改善方法がいいのか難しく考えられがちですが、症状の一つ一つに対処するのではなく、原因として挙げられる「バランスの欠如」に焦点を当てる漢方の考え方は更年期のケア効率を上げる有益な改善方法となるでしょう。

 

以下はここでおすすめする飲みやすい高麗人参のサプリメントの概要です。

 

高麗美人サプリメントの概要

含有成分

  • 有効成分ジンセノシド
  • 18種のアミノ酸
  • ミネラル
  • ビタミン

などを含む98種類の成分を凝縮

 

高麗美人はここが違う

  • ジンセノシド(サポニン)の含有量が圧倒的に多い韓国プンギ産のみを使用
  • サプリメントは100%高麗人参。ブドウ糖などで量増ししていませn
  • 滋養がたっぷり含まれた6年物の高麗人参のみ使用
  • 返金制度は30日 開封しても可

プンギ産の高麗人参の栄養価

 

高麗美人

 

もし高麗人参のような漢方を試さなくても、少なくてもこれまでと同様な現状維持はできます。ただ、現状維持はできたとしても辛さは当然ながら残ります。

 

しかし難しいと考えていた漢方が「エストロゲンの低下で自律神経のバランス欠如を招いているといった原因に効果を発揮する」とわかったあなたは、正解かもわからないアプローチや方法で更年期に対してあれこれとケアをする必要はなくなります。

 

不意にやってきた更年期の症状に向きあうのが億劫で見てみなかったふりもしなくて済みます。そんなやりたいことが好きな時にいつでもできる体調を手に入れるきっかけがここにあります。

 

高麗美人