このページの先頭へ

ガン保険の診断一時金は何度でも出るタイプが断然いい?【人気の保険を超リアル比較】

ガン保険の診断一時金は何度でも出るタイプが断然いい?【人気の保険を超リアル比較】

ニーズが高いガン保険に関し、ガンと診断された時の一時金にいっそう注目が高まっています。

 

ここでは「今入院保険ではなくガン診断一時金の保障を重視すべき理由」を解説するとともに、一時金の保障が何度でもあるタイプの保険を人気の保険を事例として挙げながら「保険契約によって保険金の受給金額が変わる」といった重要な点を比較できるようになっています。

 

ガンで入院した場合に実際どのくらいの実質負担が必要なのか?胃がんの例を挙げ、実質負担額をガン保険て補てんする場合のシミュレーションをリアルに取り上げています。

 

ガン治療費の計算

 

 

なぜガン保険の診断一時金に注目が集まっているの?

 

今は昔と違って医療制度も現実的な医療現場も様変わりし、「ガンのような重い病気であってもできるだけ入院を短期間に。手術しても日帰りで済む場合はそれを奨励するような流れ」ができています。

 

これは国の健康保険制度が極めて危機的な状態※にあり、【患者さんの医療費を国が負担して医療機関へ診療報酬として支払う財源】が枯渇しているためです。
※極めて危機的な状態と言っても健康保険制度の破綻はもうすでに回避できないとまで言われている。

 

このため生命保険の形もだいぶ変わり、従来までのガン入院・手術を保障するタイプのガン保険では十分な保険の機能を果たせないようになりました。

 

「入院・手術の保障を重視する従来型のガン保険」に変わる保障として「ガン診断一時金保障」が重視されるようになっています。

 

こうした傾向が強くなっている理由は、この先どんなに医療技術が発達しようと、健康保険制度が変わろうと、必ず登場する「ガンの診断」という行為に対する保障を生命保険の形として盛り込むのが実質的な時代のニーズであると考えられるためであり、現状の医療制度と医療技術に即した生命保険の形が求められているためです。

 

 

ガン診断一時金は何度でも受け取れる?人気の保険を比較

 

ガンは再発のリスクが付きものであり、ガンを含む三大疾病(ガンのほか急性心筋梗塞、脳卒中)がカバーできる保険が好まれます。

 

それも日本人の死因の過半数を占める三大疾病を同じ保険でカバーしたほうが保険の掛け方としてはバランスが取れているからです。

 

三大疾病罹患率

出典:厚生労働省

 

それでは現在売れ筋&人気のガン保険の一時金が何度でも受け取れるタイプなのか?そしてどういった保障内容なのか?その概要をご紹介します。

 

 

①チューリッヒ 無解約返戻金型ガン治療保険(抗ガン剤等保障)ガンをはじめとした三大疾病の保障の受け取り条件

 

チューリッヒ ガン治療保険に付加できる診断一時金特約は大変充実しており、下記でガン・急性心筋梗塞・脳卒中を含む三大疾病の一時金保障がどんなケースで支払われているのかを挙げます。

 

  • 放射線治療・抗ガン剤・ホルモン剤治療に対する保障
  • 月額○円と設定でき、回数無制限で受給できる。

     

  • 三大疾病診断給付金保障
  • いずれの三大疾病を発症して入院した場合、再発はいずれかの三大疾病が2年後に発病した場合に支払い対象。
    ※ガンで保険金を受け取り、そののちに脳卒中で保険金を受け取る場合は三大疾病保障を二度受け取ったとしてカウントされるが、回数無制限で受給できる。
    しかしこの場合ガンと脳卒中は同じ「三大疾病」と括られているために2年経過後でないと保険金は受け取れない。

     

  • ガン緩和治療特約
  • 公的医療保険または所定のガン緩和治療が行われたとき、12ヶ月を限度に月額として一時金の受給が可。

     

  • 三大疾病先進医療保障
  • 国が定めた医療機関で高度先進医療を受けた場合に、実質負担額が支給され、通算2000万円までが保障されている。

     

  • 三大疾病払込免除特約
  • 三大疾病を発病した場合に、以後の保険料の払い込みが免除になり、かつ保険契約を継続できる。

 

チューリッヒ 無解約返戻金型ガン治療保険(抗ガン剤等保障)は名実ともに「ガンの一時金が何度でも受け取れる保険」と言うにふさわしいかもしれません。

 

この保険はガン家系で将来的にガンの罹患リスクを自覚している方などに向いているでしょう。

 

 

②チューリッヒ 無解約返戻金型終身医療保険のガンをはじめとした三大疾病の保障の受け取り条件

 

①チューリッヒガン治療保険と異なり、ガンだけでなくさまざまな病気に対応できるようにバランス重視の保険が次のチューリッヒ終身医療保険。

 

  • 三大疾病診断給付金保障

【初回】はじめてガンまたは急性心筋梗塞・脳卒中と診断され、その治療で入院した場合
【二回目以降】はじめての三大疾病から2年経過後ガンまたは急性心筋梗塞・脳卒中いずれかの治療を受けて入院した場合
※ガンで保険金を受け取り、そののちに脳卒中で保険金を受け取る場合は三大疾病保障を二度受け取ったとしてカウントされるが、回数無制限で受給できる。
しかしこの場合ガンと脳卒中は同じ「三大疾病」と括られているために2年経過後でないと保険金は受け取れない。

     

  • 先進医療保障
  • 国が定めた医療機関で高度先進医療を受けた場合に、実質負担額が支給され、通算2000万円までが保障されている。

     

  • 三大疾病払込免除特約
  • 三大疾病を発病した場合、以後の保険料の払い込みが免除になり、かつ保険契約を継続できる。

 

こちらのチューリッヒの終身医療保険に関しても、「ガンが保障される三大疾病一時金の保障が何度でも受け取れる」ようになっています。

 

前例①チューリッヒガン治療保険と比べるとガンに関する保障は手厚くはありませんが、以下の点でバランスが取れた優良な保険と言えます。

 

  • 1000種類の手術が何度でも保険の支払い対象になる
  • 7大疾病(上皮内含むガン、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、肝臓または腎臓の疾患)での入院に対し、何度でも請求ができる

 

医療保険に「ガンの保障を重視するか?」、「どんな病気でも保障されるようなバランス性を重視するか?」の違いで①と②の保険を選び分けるのがよいでしょう。

 

 

③アクサ生命保険 無解約払もどし金型 医療治療保険の場合ガンをはじめとした三大疾病の保障の受け取り条件

 

アクサ生命保険の医療治療保険は「ガン・上皮内新生物・急性心筋梗塞・脳卒中をそれぞれ分けて『それぞれの一時金を一年ごとに支払う』」とするものです。

 

前例のチューリッヒの保険と比べると、「三大疾病を一括りにして前回の三大疾病から2年経過後」などと設定されていない点に関しては受け取り条件が広がった感があるでしょう。

 

三大疾病診断給付金保障

  • 放射線治療保障
  • 60日に1度受給できる

     

  • 集中治療室での治療を受ける場合
  • 1入院につき1度受給可

     

  • 先進医療保障
  • 国が定めた医療機関で高度先進医療を受けた場合に、実質負担額が支給され、通算2000万円までが保障されている。

     

  • 三大疾病払込免除特約
  • 三大疾病を発病した場合に、以後の保険料の払い込みが免除になり、かつ保険契約を継続できる

 

アクサ生命保険の医療治療保険以下の点でチューリッヒの保険とは異なります。

 

  • ガンの診断一時金は5回までの制限があるが、前回の保険金受け取りから1年過ぎれば再発の保険が受け取れる
  • 上皮内ガンまで保障されている

 

チューリッヒの保険がガンの診断一時金が何度でも無制限で出るタイプであり、非常にインパクトはありましたが、注意書きとして「ガンの後に脳卒中を発病しても『三大疾病の再発』としてカウントされ、仮に2年内の発病の場合は保険金の受取対象外になる点を記載しました。アクサ生命保険の場合はガンの保険が無制限で出る訳ではありませんが、この意味においてチューリッヒの保険よりも条件が緩和されていると言えるでしょう。

 

各保険会社ごとに商品の特徴がありますが、残るは「どこを重視するか」といった点に尽きます。

 

 

④メットライフアリコ 新終身医療保険の場合ガンをはじめとした三大疾病の保障の受け取り条件

 

次にご紹介するメットライフアリコの医療保険はガンの診断一時金の受け取り条件が「いずれかの治療を受けた場合」としている点がユニーク。

 

三大疾病診断給付金保障

【初回および再発した場合の保険給付】

  • ガン
  • ガンと診断確定され、2回目以降は前回のガン一時金の受給から1年経過してメットライフアリコが定める手術・放射線および抗ガン治療のいずれかを受けた場合に受け取れる。通算5回まで受給可。

     

  • 上皮内ガン
  • 上皮内ガンと診断確定され、2回目以降は前回の上皮内ガン一時金の受け取りから1年経過して確定診断された場合。通算5回まで。

     

  • 心疾患および脳卒中
  • 心疾患または脳卒中を原因に手術を受けたか、または20日以上の入院をした場合。再発の場合は前回の発病から1年経過した場合。通算5回まで。

     

  • 放射線治療
  • 60日に1回支払われ、何度でも受け取り可能

 

この他にメットライフアリコの医療保険は以下のような保障が付けられます。

 

  • 10日以内の短期の入院の場合定額で入院日額の10倍の給付金が保障される
  • 骨髄ドナー給付金
  • 介護保障
  • 認知症診断一時金

 

前例のチューリッヒと比較すると介護の保険や骨髄移植などの保障が付いており、保険の幅が広がっています。

 

短期の入院で手厚く保障されるのは間違いなく現実的な医療の実態に合っていると言えるでしょう。

 

 

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルキットネオの場合ガンをはじめ三大疾病の保障の受け取り条件

 

三大疾病診断給付金保障(特定疾病保障)

  • ガンまたは上皮内ガンと診断確定された場合に1年に1回、最大5回まで受け取り可
  • 心疾患または脳血管疾患で所定の治療を受けた場合、再発の場合は5回まで

 

この場合の特定疾病とはガン、上皮内ガン、心疾患、脳血管疾患、肝硬変、慢性腎不全、糖尿病を示します。
ただし、次の支払い条件あり。

  • 心疾患において高血圧性心疾患を除外
  • 慢性腎不全は、日本腎臓学会の分類でステージG4またはG5に該当するもの言う
  • ここで言う糖尿病は糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症を示す

 

 

 

以上人気のガン保険について診断一時金が何回出るのか?お送りしてきました。
「診断一時金が何回でも出る」ほうが断然いいに決まっていますし、現在一番の注目の的であることは間違いないですが、各会社・各保険でさまざまな支払条件があるのが分かります。
特に整理したい点は以下のとおり。

 

ガン保険の診断一時金保障はここがポイント

  • 三大疾病をどのようにカウントしているのか?

一括りにして三大疾病を再発として見なすのか、それぞれの疾病ごとに再発としてカウントするのか?

 

  • 保険給付金の受け取り制限を設定しているのか?

何度でも受け取れるのか?、制限があるのか?

 

  • 保険金の受取条件は入院○日以上?、手術?、全般的治療を示すのか?

 

  • 再発の場合何年の適用期間が設定されているのか?

 

です。

 

上の人気の保険の傾向ですと、5回までと制限している場合が多いようですが、できるだけ条件の良い保険を選ぶことに越したことはありません。

 

 

それでは実際にガンとして最もポピュラーな胃がんを例に、費用負担をシミュレーションしてみましょう。

 

 

胃がんで入院する場合の費用負担と生命保険受け取りシミュレーション

 

従来型の入院・手術重視型の保険と現在の診断一時金を重視したガン保険では、実際の保険金受け取りでどのように受給が変わってくるのかをシミュレーションしてみましょう。

 

実際に胃がんの治療を受けた場合のシミュレーションを行ってみます。

 

  • 45歳男性 年収800万円(1日あたりの収入は22223円)
  • 診断確定での病状:ステージⅡの胃がん

の場合

 

 

胃がんの治療で必要になった費用

 

入院費用

18日間入院 (4人部屋を選択・個室を選択した場合の差額ベッド代無し)
10000×18日=18万円

 

入院費用は下記の調査のとおり一日あたり10000~15000円の平均日額から取り、10000円として計算

 

平均入院日額

公益財団法人生命保険文化センター 平成28年度入院時の1日あたりの自己負担費用に関しての調査(n=432)

 

 

 

食費の自己負担額

1食260円×一日3回×18日=14040円

 

抗がん剤

退院後の抗がん剤による治療に関しては、病状の経過を見ながら保険適用のタイプのもので以下のように治療として行った。

 

トラスツズマブ・シスプラチン・カペシタビンを活用する抗がん剤治療を1コースとしてカウント、2コース受けるものとする。

 

1コース268,600円+2コース235,780円=合計504,380円
(1コースを3週間かけて実施×2回)
参照:ガン治療費.com

 

※抗ガン剤に関しては保険適用内と適用外があり、ガンの状態によっては保険適用外の抗ガン剤を使用する場合もある点に注意

 

それではこれらの胃がんの治療の状況を元に下記のとおり高額払い戻し制度の適用を考えていきます。

 

 

公的医療保険の高額医療費制度による払い戻しの適用に関して

 

公的医療保険の高額医療費制度では医療機関で支払った額に関し、所得水準や年齢などを鑑み、払戻額が異なります。

 

上のステージⅡの胃がんで治療を受けた場合の高額医療費払い戻しの適用のシミュレーションをしてみましょう。

 

1月目

  • 入院費用18万円
  • 抗がん剤の費用89533円

自己総額269533円  (全額負担の場合の金額:898443円)

 

2月目

抗がん剤の費用179066円 (全額負担の場合の金額:596886円)

 

※ここでは通院費用を除いて試算

 

3月目

235780円 (全額負担の場合の金額:785933円)

 

下の表は70歳未満の計算方法です。
事例の男性の場合は年収800万円ですので下のような計算になります。

 

高額払い戻しの試算

nurse-web.jpより

 

高額払い戻しを適用する場合の計算例

 

■1月目の高額医療払戻額
167400円+【(総医療費898443円)-558000円】×1%=163996円

 

1月目の自己負担額と高額医療払戻額
自己総額269533円-高額医療費払い戻し額163996円=実質負担額105537円

 

■2月目の高額医療払戻額
167400円+【(総医療費596886円)-558000円】×1%=167011円

 

2月目の自己負担額と高額医療払戻額
自己総額269533円-高額医療費払い戻し額167011円=実質負担額100389円

 

■3月目の高額医療払戻額
167400円+【(総医療費785933円)-558000円】×1%=169679円

 

3月目の自己負担額と高額医療払戻額
自己総額235780円-高額医療費払い戻し額169679円=実質負担額66101円

 

■3ヶ月間の実質負担額合計金額
105537円+100389円+66101円=272027円

 

実質の負担額がこれだけ抑制できると、一安心といった感じもしますが、ガンによっては抗がん剤が保険適用外になる場合もある点や、健康保険制度の財政難を考えると、現状の高額払い戻し制度もどうなるのか分かりません。つまり自己負担額は増えることはあってもこの先は減ることはないのです。

 

 

昔の保険と今の保険では受給金額にどれだけ差が出そう?

 

先ほどの胃がんを発病した男性の場合で以下のように従来型のガン保険と診断一時金重視のガン保険に加入している場合のシミュレーションを行ってみます。

 

 

入院・手術重視の従来型ガン保険

診断一時金重視の新しいガン保険

入院

日帰り手術

○または△

ガン診断一時金

×

放射線治療

×

抗がん剤治療

×

高度先進医療の治療

△または×

 

 

胃がんで手術した場合、旧タイプと新タイプのガン保険でどのくらい保険金の受け取りが違ってくるのかをシミュレーションしてみましょう。

 

上ではいずれのタイプの保険でも入院日額10000円に設定していたとして、手術給付金はその4倍の40万円が給付されます。つまり全て込みで58万円の入院・手術給付金は受け取れる計算です。

 

しかしここで挙げてこなかった「ガンの治療費」を挙げてみましょう。

  • 画像診断
  • 定期健診の費用
  • 定期検査の費用
  • 通院費用

 

そんな当たり前に必要な費用ならばはじめから出してくれと言われそうですが、これらの費用は病院によって異なる場合が多いのも確かです。

 

そして上の男性の例では放射線治療が入っていませんが、抗がん剤と同じくらい高頻度で行われる治療です。

 

つまり画像診断や定期健診・検査・通院・放射線治療の費用が必要な上に、もろもろの費用や、ガンを発症したゆえに生活スタイルの見直しでかかる諸費用などを鑑みると、それ以上の備えが必要な場合が多いのです。

 

ガン診断一時金を100万円などに設定した現在の医療に即した医療保険に加入していたらそれらの費用は十分にカバーできますが、従来型の入院・手術の保障だけでは費用負担額をカバーできないケースが多いので、、診断一時金といった保障に注目が集まっています。

 

冒頭でお伝えしたように、国の健康保険制度と医療自体が目まぐるしく変化して行く中で、唯一変わらず存在するのが「診断確定」です。診断確定という医療行為だけはこの先どんなに変化が起きても病気の治療に登場するためでした。

 

また、日本人は2人に1人ががんにガンに罹患し、かつ死因の過半数以上が三大疾病が占めている点からすると、上でご紹介したような「三大疾病に罹患した際の診断一時金」を重視した保険が好まれる傾向にあるのです。

 

 

現在の医療保険がこうした診断一時金重視の保障ではなかった、といった場合は無料の保険相談でさまざまなプラン設計をしてもらってみてはいかがでしょうか?

 

 

無料の保険相談なんて本当に使える?

 

保険の無料相談などと聞いて「しつこく加入を勧誘されるのではないか?」と心配する方が多いと思います。

 

いろいろと質問しても、ひとつひとつ真面目に応えてくれるか、小さな約束を守ってくれているか、が保険の営業マンとのかかわりでとても大切です。

 

さまざまな人生のステージで病気になったりさまざまな手続きが必要になった時、頼れるのはそうした人材だから。

 

保険加入のタイミングでない方にしつこく勧誘を迫る営業マンは出来ないタイプです(笑)

 

 

ここでは筆者自身が実際に保険相談サイトで依頼して「ここなら皆さんにおすすめできる」と思った企業のみご紹介させていただきます。

 

「納得出来たら初めて保険の依頼をすればいい」と自ら認識するプロ集団が揃う無料保険相談サイトはこちらになります。